期刊論文

學年期 標題 更新時間
082 / 1 鷗外の小說作品における「鷗」の意味 2010/06/16
092 / 2 『門』の御米の人物像を読み解く : 「拒否」「からかい」「微笑」の身体表現を通して 2016/11/07
096 / 2 言語的葛藤から生まれた台湾の「夏目漱石」―張文環と日本近代文学との関わりから見て 2011/09/29
097 / 2 「老女」という「老い」の社会文化的形象―張文環の文学作品と宮崎駿のアニメーション作品と比較から― 2016/10/26
099 / 1 異文化接触による物語変容―『白蛇伝』から『崖の上のポニョ』へ― 2011/09/29
081 / 1 以<雲>爲關鍵字、來比較森鷗外與漱石在漢詩創作之異同 2011/10/24
080 / 2 鷗外漢詩索引 2011/10/24
090 / 1 『坊っちゃん』と『坑夫』の類縁性-「笑い」を視点として- 2017/06/08
094 / 2 日本語作文能力向上の方法を探って--大学3年生を対象に 2013/03/12
094 / 1 『彼岸過迄』の二人の母--須永にとっての「母なるもの」と「嫉妬」 2017/06/14
093 / 2 《それから》における作者の存在--「テクスト」から「テキスト」へ 2017/06/08
098 / 1 一部張文環自傳性、日據時代台灣人的集體小說『滾地郎』──眾生相、自在觀境界的極致 2013/03/12
097 / 1 「杜子春」を読む 2017/06/14
087 / 1 『明暗』の創作過程について-漱石の小說創作と漢詩創作との關りをさぐるために- 2017/06/08
096 / 1 明治末期の新聞メディアのエクリチュール--明治40年代朝日新聞連載小說を中心に 2013/03/12
095 / 1 漱石の『彼岸過迄』のエクリチュール--「後姿の女」を糸口として 2013/03/12
096 / 2 試圖與日本近代文學接軌,反思國族論述下的張文環文學活動 2013/04/11
096 / 1 『張文環全集』が出來て思うこと 2017/06/14
090 / 1 『それから』の「指輪」と「時計」―男女関係の記号論 2016/11/07
098 / 1 漱石文学における「風」の形象―初期作品『吾輩は猫である』と『漾虚集』を中心に― 2014/01/03
088 / 1 小說『明暗』と『明暗』期漢詩創作上の關わりについて-「褞袍」の語をめぐって- 2014/01/03
089 / 1 『虞美人草』における宗近の人物像への探究―「金時計」の話と結婚に関する話題とを鍵として 2016/11/07
091 / 1 夏目漱石の小說を「銀行(員)」の視点で読むーヒロインの結婚話と関連してー 2013/04/17
091 / 2 『道草』における島田の位置 2017/06/13
100 / 2 イプセンのノラから見た明治時代の嫁たち--鷗外の『半日』に触発されて 2013/04/17
089 / 2 古典日本語の学習內容について--教材の選択と編集を中心に 2013/04/17
094 / 1 テキストをこえたテクスト--日本近代文学に関する授業を例として 2013/04/17
090 / 2 夏目漱石の『門』論--他者としての「小六」の意味 2013/04/17
101 / 1 『1Q84』における記憶再生の装置-漱石の『三四郎』を原型として- 2016/11/07
082 / 1 鷗外と漱石の漢詩--その概要 2013/04/17
083 / 1 鷗外文学における「雲」 2013/04/17
099 / 2 児童文学作品の視点による川端康成から芥川龍之介への逆照射--ジャンル分類の意義を考えて 2013/04/17
100 / 1 リクールの身体論による日本近代文学作品への一考察--花袋『蒲団』と鷗外の『ヰタ・セクスアリス』 2013/04/17
100 / 2 村上春樹『1Q84』における天吾と青豆の身体的渇求―プラトンのアンドロギュノスをべースに― 2014/07/03
100 / 1 『半日』に見られる作者の言説ストラテジー--森鷗外の家庭内から明治社会への視座 2016/11/07
093 / 1 『行人』の再読--夫婦と女性の生き方のもうーつの可能性への示唆 2017/06/14
092 / 1 健三のもうーつの対人関係--『道草』論を振り返ってみて 2013/04/17
099 / 1 台湾における日本語高等教育のゆくえ 2013/04/17
098 / 1 宮崎駿アニメーション作品の社会文化的形象─「老女」と「少女」の力関係を軸に─ 2017/05/22
098 / 2 村上春樹『風の歌を聴け』における「風」の形象の一考察 2013/04/17
097 / 1 歴史小説としての張文環『地に這うもの』--二つの歴史的事件に遭った台湾人の表象 2017/03/07
099 / 2 語り手のトリックから解く村上春樹『1Q84』--牛河という人物を中心に 2017/03/28
082 / 2 「風流」の一考察- 漱石と鷗外を中心に- 2016/10/26
083 / 1 鷗外文學における「鷗」の意味 2013/04/17
098 / 1 宮崎駿の処女作『風の谷のナウシカ』における「風」の形象の一考察 2013/04/17
098 / 2 児童文学の見地から見た芥川龍之介の児童文学作品--台湾における日本語教育への応用を考えて 2013/04/17
092 / 1 健三にとっての「母なるもの」―『道草』に隠蔽された漱石の心境― 2014/01/03
093 / 1 『行人』の封印―隱蔽された「ジヨコンダに似た怪しい微笑」― 2016/11/07
101 / 1 技能実践学習としての「卒業制作及び指導」の成果と課題ー淡江大学日本語文学科を事例研究対象としてー 2020/07/27
101 / 1 3・11以後日本文学の表象―『それでも三月は、また』における「根源的な喪」の課題 2018/10/18
101 / 2 東日本大震災之後日本文學中生與死的書寫―以多和田葉子〈不死之島〉為例 2015/02/23
101 / 2 3・11以後日本文学の振幅―『それでも三月は、また』における「原発」の課題 2018/10/18
101 / 2 2回の海外体験が交錯する漱石の東アジアへの視線―台湾のエクリチュールに触れつつ― 2017/06/15
101 / 2 淺談村上春樹《名字不帶色彩的多崎tsukuru與他的巡禮之年》 2015/02/23
102 / 1 キャリア意識形成のための日本語教育の理論と実践―台湾淡江大学の「卒業制作及び指導」授業を例に― 2015/02/23
102 / 1 日本近代文豪漱石《心鏡》與電影之間―蔓延了百年的內心顫慄 2015/02/23
102 / 1 第三屆村上春樹國際學術研討會紀實 2015/02/23
102 / 1 通過儀礼として見た村上『神の子どもたちはみな踊る』論―トラウマと向き合う物語の装置― 2015/02/23
102 / 1 3・11原発文学作品を教材とした授業の試論―台湾の大学4年生が見た異文化の観点から― 2016/11/09
102 / 1 日本文學中3.11東日本大震災之「挫敗」-與傳統「無常觀」救贖間之關聯 2015/03/02
102 / 1 ネイチャーライティングの定義.起源.系譜.特徴―ポスト3・11日本原発文学研究を射程に― 2015/03/02
102 / 2 ネイチャーライティングとしてのポスト3・11原発文学―くま.馬.ヒグマが呈示した黙示録― 2015/03/02
102 / 2 烏爾利希.貝克「風險社會」論述下的日本原發文學書寫-對應出311東日本大震災重創日本後的「改變」 2016/03/07
102 / 2 3・11震災によって形成された日本文化中での「異郷」 被災者の生の声に耳を澄ませつつ 2018/10/18
103 / 1 在台灣閱讀村上春樹的「小確幸」 2015/02/26
103 / 1 エコクリティシズムから読む日本原発文学―311を境に見る未来像を描いた「隣りの風車」と「不死の島」を中心に― 2015/02/26
103 / 1 「小確幸」の語から連想した村上春樹と志賀直哉―『うずまき猫のみつけかた』と『城之崎にて』の描き方に注目し― 2016/03/04
103 / 1 生に寄り添う村上春樹の「モラル(倫理)」の体現―日本の二つの大震災によるトラウマを超える模索― 2016/03/03
103 / 1 エコロジー理論から見る日本伝統的食文化「うなぎ」―3・11に啓発され自然との調和を目指して 2015/02/26
103 / 2 「トポロジーとしての「故郷」の視点から試みる日本原発文学―水上勉の『故郷』を中心に― 2017/06/15
103 / 2 生態文學論述中與故鄉的溝通---以探討石牟礼道子《苦海淨土》為主 2016/03/04
104 / 1 村上春樹《沒有女人的男人們》中的城市拼圖 2016/03/04
104 / 1 村上春樹の男嫉妬物語「木野」の蛇の持つ「両義性」―重層物語世界の構築へ向けて― 2016/03/04
104 / 1 エコクリティシズムから見た多和田葉子の書くことの「倫理」―「不死の島」と「献灯使」との連続性・断絶性― 2016/03/04
090 / 2 夏目漱石の『門』の中の「門」 2017/02/20
101 / 1 台湾における村上春樹ワールド(MURAKAMI WORLDS)―消費文化、研究現状、若者の意識調査から― 2017/03/02
104 / 2 エコクリティシズムから読むポスト3・11文学作品―多和田葉子『献灯使』を中心に― 2017/03/02
105 / 1 職業作家の視点から見た二人の国民作家漱石と村上春樹 2017/03/02
105 / 1 ネイチャーライティングの観点から読み解く石牟礼道子『苦海浄土』―故郷との対話を中心に― 2017/03/02
105 / 1 村上春樹文学の魅力―台湾の視点から― 2017/03/02
105 / 1 烏爾利希・貝克「風險社會」論述下的日本原發文學書寫―對照多和田葉子與亞歷塞維奇有關核災創作― 2017/10/31
105 / 2 エコクリティシズムから読む有吉佐和子『複合汚染』 2017/10/31
105 / 2 ネイチャーライティングとしての『苦海淨土』の読み―近代という魔性との格闘と第三項認識の可能性― 2017/10/31
100 / 2 析論村上春樹的《1Q84》 2017/10/31
100 / 2 村上春樹與夏目漱石眼底下的「日本」 2017/10/31
101 / 1 村上春樹《1Q84》中的身體書寫 2017/10/31
101 / 1 311東日本大震災之後的日本文學發展新動向 2017/10/31
101 / 1 小說的重點不在解答《《1Q84》」之後 2017/10/31
101 / 1 「第1屆村上春樹國際學術研討會」紀實 2017/10/31
101 / 2 台灣的村上春樹研究:大學生眼中的村上村上春樹 2017/10/31
105 / 2 台湾における二人の日本国民作家夏目漱石と村上春樹―淡江大学村上春樹研究センターの設置から見て― 2017/10/31
106 / 1 台湾初MOOCs「非常村上春樹」を実践例として 2018/10/15
106 / 2 エコフェミニズムの視点から読む『チェルノブイリの祈り』 2018/10/15
103 / 1 エコクリティシズムから読む日本の原発文学―3・11を境に見る未来像を描いた「隣りの風車」と「不死の島」を中心 2018/10/18
107 / 1 「人工知能AIと外国語翻訳―多和田葉子『献灯使』を例にしてー」 2019/04/09
107 / 1 エコフェミニズムの視点から読む原子力発電所事故関連証言―チェルノブイリと福島からのメッセージに注目しつつ―イリの祈り』―チェルノブイリと福島から発信する平和への対話に注目しつつ―」 2021/07/25
107 / 2 エコフェミニズムの視点から読む村田沙耶香の『コンビニ人間』-学習型の人工知能AI的主人公の誕生について- 2019/08/19
107 / 2 グローバル時代のエコフェミニズムの視点から読む津島佑子の『ヤマネコ・ドーム』―許しの文学の誕生 2019/09/23
107 / 2 AIのテキストマイニング技術による日本文学研究への支援--『多和田葉子『不死の島』を例にして 2019/09/24
108 / 1 グローバル時代のエコフェミニズムの視点から読む多和田葉子の『地球にちりばめられて』―日本が消滅したことの真意について 2020/09/17
108 / 1 AI技術による日本語教育への応用—「日文習作(二)」授業を例にして 2020/09/17
108 / 2 グローバル時代のエコフェミニズムの視点から読む多和田葉子『地球にちりばめられて』―国境無き新しい夢を育むことへの示唆― 2021/07/02
108 / 2 AIのデータマイニング技術による日本原発文学研究への支援―『それでも三月は、また』を例にして― 2020/09/17
109 / 1 培育AI與HI兼備之日語(外語)專業2.0人才 2021/01/26
109 / 1 AIのテキストマイニング技術によるエコフェミニズム文学研究への支援―多和田葉子『地球にちりばめられて』を例にして 2021/07/07
109 / 1 AIのテキストマイニング技術による村上春樹文学受容――「村上春樹文学」講座の履修生を対象に―― 2021/08/02
109 / 1 人文系教育への情報処理・自然言語処理技術の導入と応用 2021/08/02
109 / 2 AIとHIを兼備したAI技術による文学研究支援の一考察―村田沙耶香の『コンビニ人間』を例に― 2021/08/02
109 / 2 テキスト分析とAIのテキストマイニング技術との協働―村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を中心に― 2021/08/02
109 / 2 グローバル時代のエコフェミニズムの視点から読む多和田葉子の『星に仄めかされて』―「神の子どもたちはみんな踊る」の意味をめぐって― 2021/08/02
109 / 2 日本語教育のつながりとひろがり-AIとHIを兼ね備えた外国語(日本語)人材2.0の育成を目指して- 2021/08/02