教師資料查詢 | 類別: 期刊論文 | 教師: 葉 夌 YEH LING (瀏覽個人網頁)

標題:村上春樹『騎士団長殺し』における絵画 ―回復との関係を中心に―
學年
學期
出版(發表)日期2020/12/12
作品名稱村上春樹『騎士団長殺し』における絵画 ―回復との関係を中心に―
作品名稱(其他語言)
著者葉夌
單位
出版者
著錄名稱、卷期、頁數台灣日本語文學報48, p.51 - 74
摘要『騎士団長殺し』は「絵を描く」ことを職業にする画家を主人公とする作品である。これまで特権化されてきた「文章を書く」ことがとって変わられたのは「自己療養」に関わると考えられる。生活のために肖像画を専門とする画家となった「私」は、自分のかつて目指した抽象画が描けなくなってくる。これは「私」の健全な結婚生活に関係するものである。結婚生活に不満を感じない「私」は「自分のための絵画」を描く意欲を失ってしまう。「自己療養」をする必要のない「私」は「自己療養」の手段である「自分のための絵画」が描けないのも当然の結果である。免色という他者を受け入れることによって、自分の暴力性を認識した「私」は「自分のための絵画」を完成する。したがって、喪失からの回復もなり遂げる。これは恰も「騎士団長殺し」を描いた雨田具彦と同じようなプロセスである。『騎士団長殺し』において、暴カは死をもたらすカとともに、生に繋がる力でもある。「騎士団長殺し』における絵画は未来を繋ぐものだと考えられる。
關鍵字絵画;回復;他者;自己認識;暴力性
語言日文
ISSN
期刊性質國內
收錄於THCI Core;
產學合作
通訊作者
審稿制度
國別中華民國
公開徵稿
出版型式,電子版,紙本
相關連結
SDGs
  • 優質教育
Google+ 推薦功能,讓全世界都能看到您的推薦!