教師資料查詢 | 類別: 期刊論文 | 教師: 曾秋桂 TSENG CHIU-KUEI (瀏覽個人網頁)

標題:『1Q84』における記憶再生の装置漱石の『三四郎』を原型として
學年
學期
出版(發表)日期2012/12/01
作品名稱『1Q84』における記憶再生の装置漱石の『三四郎』を原型として
作品名稱(其他語言)探討漱石《三四郎》為原型之《1Q84》中記憶再生的裝置=A device of the memory reproduction in "1Q84": From a relationship between "Sanshiro" of Soseki as a Archetype
著者曾秋桂
單位淡江大學日本語文學系
出版者新北市台灣日本語文學會
著錄名稱、卷期、頁數台灣日本語文學報 32頁21-40
摘要村上春樹の最新長編小説『1Q84』(2009-2010)を恋愛小説として読む際、主人公天吾と青豆の二人が拘る「放課後の小学校の教室」の記憶は注目すべき場面である。それを人間の持っ記憶再生の装置として見ると、「放課後の小学校の教室」を「顕在記憶」として蘇らせた天吾に対して、青豆は、それを「潜在記憶」として保っている。「顕在記憶」により愛を認識する男(天吾)対「潜在記憶」により一筋の愛を信念に持ち続ける女(青豆)という構図が浮かぶ。そこから瀬石文学での男女関係である「恐れる男と恐れない女」といった構図が連想され、天吾が辿りついた「放課後の小学校の教室」の記憶の中心に置かれた「高い空」に「白い雲」と「月」が伴う情景は、漱石の『三四郎』(1908)で三四郎が美禰子と一緒に「白い雲」を見た場面を思わせる。インタビューで漱石の『三四郎』が好きだと表明している村上春樹は、漱石の一読者として『三四郎』の読書行為を通して内在化したものを自らの記憶と想起の物語に置換し、モチーフとして『1Q84』での記憶再生の装置である「放課後の小学校の教室」風景に結実させていると言える。これは、村上春樹ならではの創造的寓意の構図とも言えよう。
When we read ”1Q84” (2009-2010) of Haruki Murakami as a love story, the memory of ”the classroom of the elementary school after school” is a notable scene. It is a device of the memory reproduction. Tengo has revivified ”the classroom of the elementary school after school” as ”explicit memory”. In contrast, Aomame keeps it as ”implicit memory”. ”1Q84” has the composition of a man (Tengo) who is recognizing love by ”explicit memory” and the woman (Aomame) who is convinced of love by ”implicit memory”. It leads to the composition called ”an afraid man and the woman who is not afraid” that are man and woman relations of the Soseki literature. A memory of Tengo which ”white cloud” and ”moon” are accompanied by in ”the high sky” in the memory of ”the classroom of the elementary school after school” is similar to the scene where Sanshiro has watched ”white cloud” with Mineko in ”Sanshiro” (1908) of Soseki.In an interview, Haruki Murakami state that I likes ”Sanshiro” of Soseki. Haruki Murakami has replaced the thing which he internalized through a reading act of ”Sanshiro” with a story of own memory and remembrance. And he has substituted it for ”classroom scenery of the elementary school after school” which is a device of the memory reproduction in ”1Q84”.This may be called the composition of the creative allegory by Haruki Murakami.
關鍵字『1Q84』;「放課後の小学校の教室」;記憶再生;漱石;『三四郎』;"1Q84";"the classroom of the elementary school after school";memory reproduction;Soseki;"Sanshiro"
語言日文
ISSN1727-2262
期刊性質國內
收錄於
產學合作
通訊作者
審稿制度
國別中華民國
公開徵稿
出版型式,電子版,紙本
相關連結
SDGs
Google+ 推薦功能,讓全世界都能看到您的推薦!