關鍵字: 進階查詢

教師資料查詢 | 教師: 曾秋桂

[第一頁][上頁]...101112131415161718...[次頁][最末頁]目前在第 10 頁 / 共有 777 筆查詢結果
學年/期 類別 單位 名稱
98-2 會議論文 日文系 異文化接触による物語変容―『白蛇伝』から『崖の上のポニョ』へ―
99-2 會議論文 日文系 児童文学作品による川端康成から芥川龍之介への逆照射 ―ジャンル分類の意義を考えて―
100-1 會議論文 日文系 イプセンのノラから見た明治時代の嫁たち―鷗外の『半日』に触発されて―
100-1 會議論文 日文系 村上春樹『1Q84』における天吾と青豆の身体的渇求―プラトンのアンドロギュノスをべースに―
100-2 會議論文 日文系 『1Q84』における記憶再生の装置-漱石の『三四郎』を原型として-
101-1 會議論文 日文系 3・11以後日本文学の振幅―『それでも三月は、また』における「原発」の課題―
101-2 會議論文 日文系 日本文學中311東日本大震災的「挫敗」
101-2 會議論文 日文系 二回海外体験が交錯する漱石の東アジアへの視線―台湾のエクリチュールに触れつつ―
101-2 會議論文 日文系 通過儀礼として見る震災後連作『神の子どもたちはみな踊る』―トラウマと向き合う物語の装置―
101-2 會議論文 日文系 3・11原発文学作品を教材とした授業試論―台湾の大学4年生が見た異文化の観点―
102-1 會議論文 日文系 3・11震災によって形成された日本文化中での「異郷」―被災者の生の声に耳を澄ませつつ―
102-1 會議論文 日文系 ネイチャーライティングとしてのポスト3・11原発文学―くま・ 馬・ヒグマが呈示した黙示録―
102-2 會議論文 日文系 エコクリティシズムから読む日本の原発文学
102-2 會議論文 日文系 「小確幸」の語から連想した村上春樹と志賀直哉―『うずまき猫のみつけかた』と『城之崎にて』の描き方に注目し―
102-2 會議論文 日文系 ポスト3・11の村上春樹の文学的軌跡―『女のいない男たち』と『神の子たちはみな踊る』との比較を通して
102-2 會議論文 日文系 村上春樹文学のメディウムとしての「うなぎ」
103-1 會議論文 日文系 エコロジー理論から見る日本伝統的食文化「うなぎ」―3・11に啓発され自然との調和を目指して
103-1 會議論文 日文系 在台灣閱讀村上春樹的「小確幸」
103-1 會議論文 日文系 トポロジーとしての「故郷」の視点から試みる日本原発文学―水上勉の『故郷』を中心に―
102-1 期刊論文 日文系 通過儀礼として見た村上『神の子どもたちはみな踊る』論―トラウマと向き合う物語の装置―
102-1 期刊論文 日文系 第三屆村上春樹國際學術研討會紀實
102-1 期刊論文 日文系 日本近代文豪漱石《心鏡》與電影之間―蔓延了百年的內心顫慄
102-1 期刊論文 日文系 キャリア意識形成のための日本語教育の理論と実践―台湾淡江大学の「卒業制作及び指導」授業を例に―
101-2 期刊論文 日文系 淺談村上春樹《名字不帶色彩的多崎tsukuru與他的巡禮之年》
101-2 期刊論文 日文系 東日本大震災之後日本文學中生與死的書寫―以多和田葉子〈不死之島〉為例
100-1 參與國際學術活動 日文系 2011年台灣日本語文學國際學術研討會
102-1 參與國際學術活動 日文系 2013年台灣日本語文學國際學術研討會
101-1 參與國際學術活動 日文系 2012年台灣日本語文學國際學術研討會
97-1 參與國際學術活動 日文系 台灣日本語文學會顧問
97-1 參與國際學術活動 日文系 台灣日語教育學會
[第一頁][上頁]...101112131415161718...[次頁][最末頁]目前在第 10 頁 / 共有 777 筆查詢結果