教師資料查詢 | 類別: 會議論文 | 教師: 小山直則 NAONORI KOYAMA (瀏覽個人網頁)

標題:日欧 FTAが日本の輸出に与える影響ついて
學年106
學期1
發表日期2017/11/10
作品名稱日欧 FTAが日本の輸出に与える影響ついて
作品名稱(其他語言)
著者小山直則
作品所屬單位
出版者
會議名稱第八屆當代日本研究年會全球政經新局勢下的日本研究國際研討會
會議地點淡江大學
摘要日本と欧州連合(EU)は、2017年7月6日に、ブリュッセルの首脳会談で、経済連携協定(EPA)の締結で大枠合意した。日本のEUへの輸出依存度は、米国と同じ12%台である。本稿の目的は、日欧FTAが日本の総輸出額に与える影響を推計することにある。まず、1990年から2015年までの日本とEU加盟国のうち18カ国を含む55カ国のペア・データを用いて、55カ国の総輸出額を重力モデルによって推計する。次に、この推計結果を用いて、日欧FTAが日本の総輸出額に与える影響を推計する。本稿の主要な結果は、日欧FTAは、日本の総輸出額を平均的に2%以上拡大させる可能性があるということである。EU加盟国のうち、26カ国は高所得国であるため、日本の輸出拡大が期待されるであろう。
關鍵字日欧FTA;重力モデル;パネル分析;日本の輸出
語言日文
收錄於
會議性質國際
校內研討會地點台北校園
研討會時間20171110~20171111
通訊作者
國別中華民國
公開徵稿
出版型式
出處第八屆當代日本研究年會全球政經新局勢下的日本研究大会手冊
相關連結
Google+ 推薦功能,讓全世界都能看到您的推薦!