關鍵字查詢 | 類別:期刊論文 | | 關鍵字:AI研究の基本的方向性についての考察

[第一頁][上頁]1[次頁][最末頁]目前在第 1 頁 / 共有 01 筆查詢結果
序號 學年期 教師動態
1 107/2 日文系 落合由治 教授 期刊論文 發佈 AI研究の基本的方向性についての考察─日本語研究及び日本語教育の革新との相関領域を探る─ , [107-2] :AI研究の基本的方向性についての考察─日本語研究及び日本語教育の革新との相関領域を探る─期刊論文AI研究の基本的方向性についての考察─日本語研究及び日本語教育の革新との相関領域を探る─考察AI研究之基本方向性:探索日語研究與教育革新之相關領域落合由治AI;日本語教育;自然言語;学習;人文社会系研究台湾日語教育学報 32,頁189-218現在、発展の目覚ましい第三期AIの基盤になっている深層学習では、人間の自然言語情報を処理する場合も、言語だけを処理して得られる正確さには限界があり、現実の人間のマルチモーダルなコミュニケーションのデータ分析を通じて、AIは自然言語に関する学習を行っている。この点は、人間の日本語学習においても同様であり、具体的な言語表現運用の実態を捉える研究が求められている。本論文では、まず、現在、使用されているAIの深層学習等でのデータ類型について考察しながら、次にマルチモーダル分析の手法により言語と非言語の表現の交渉を一つの表現単位としてとらえ、最後に人文社会研究および日本語教育とAI発展との関係を考察した。jp1993-7423國內否TWN
[第一頁][上頁]1[次頁][最末頁]目前在第 1 頁 / 共有 01 筆查詢結果