關鍵字查詢 | 類別:期刊論文 | | 關鍵字:日米企業の一連の不祥事を中心として

[第一頁][上頁]1[次頁][最末頁]目前在第 1 頁 / 共有 02 筆查詢結果
序號 學年期 教師動態
1 91/2 亞洲所 蔡錫勳 副教授 期刊論文 發佈 脫日本‧超アメりカ的経営-日米企業の一連の不祥事を中心として- , [91-2] :脫日本‧超アメりカ的経営-日米企業の一連の不祥事を中心として-期刊論文脫日本‧超アメりカ的経営-日米企業の一連の不祥事を中心として-蔡錫勳日本的経営;アメり力的経営;経済的な原爆;BSE(狂牛病)淡江日本論叢 12,頁283-306アメリカ的経営はいつも日本企業の手本である。日本の学者や経営者はずっと日米経営の差異を議論してきた(加護野他、1997;八城、2000)。もちろん、どんな経営手法にも問題があり、他人の長所が必ずしも自らの企業体質に合うとは限らないが、日本の長引く不況と90年代のアメリカ経済の繁栄に伴って、グローバル・スタンダードという名のアメリカ的経営の見方に傾く議論が多くなった(糸瀬、1998;蔡、2002)。アメリカ的経営が礼賛される一方、米通信大手2位のワールドコムの不正経理疑惑・破たんはアメリカ的経営の不完全さを示すものだった。確かに、アメリカ的経営は短期志向の弊害を生じたが、腐ったリンゴを除去するという自浄作用について言えば今後も日本企業の手本であり続けることは間違いない。現在、アメリカ企業はどこが悪かったか、失敗の再発をどう防げばいいかを必死に検証している。日本企業はアメリカ的経営を批判する同時に、後発としてアメリカ企業の失敗を学習すべきではないか。jp2075-356X國內0TWN
2 91/2 亞洲所 蔡錫勳 副教授 期刊論文 發佈 脫日本‧超アメりカ的経営--日米企業の一連の不祥事を中心として , [91-2] :脫日本‧超アメりカ的経営--日米企業の一連の不祥事を中心として期刊論文脫日本‧超アメりカ的経営--日米企業の一連の不祥事を中心として蔡錫勳淡江大學日本研究所日本的経営;アメり力的経営;経済的な原爆;狂牛病;BSE台北縣:淡江大學日本語文學系淡江日本論叢=Tamkang Japanese Journal 12,頁283-306201304013 已補正 by yuchi;tku_id: 000114550;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0ja2705-356X國內TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/43645</url></record></links>
[第一頁][上頁]1[次頁][最末頁]目前在第 1 頁 / 共有 02 筆查詢結果