關鍵字查詢 | 類別:期刊論文 | | 關鍵字:をめぐって

[第一頁][上頁]12[次頁][最末頁]目前在第 1 頁 / 共有 34 筆查詢結果
序號 學年期 教師動態
1 109/2 日文系 曾秋桂 教授 期刊論文 發佈 グローバル時代のエコフェミニズムの視点から読む多和田葉子の『星に仄めかされて』―「神の子どもたちはみんな踊る」の意味をめぐって― , [109-2] :グローバル時代のエコフェミニズムの視点から読む多和田葉子の『星に仄めかされて』―「神の子どもたちはみんな踊る」の意味をめぐって―期刊論文グローバル時代のエコフェミニズムの視点から読む多和田葉子の『星に仄めかされて』―「神の子どもたちはみんな踊る」の意味をめぐって―全球時代視域下的生態女性主義視點閱讀多和田葉子《來自星星的訊息》:聚焦於「神的孩子都在跳舞」含意-曾秋桂多和田葉子;『星に仄めかされて』;村上春樹;『神の子どもたちはみな踊る』;処方台大日本語文研究 41, P21 - 40本論文は、エコフェミニズムの視点から、多和田葉子が意図的に創作する三部作の一作目『地球にちりばめられて』と二作目『星に仄めかされて』とを対照.比較したものである。考察した結果、『地球にちりばめられて』で一括りにできたグローバル時代において地球の人類が直面すべき外的なエコフェミニズム的課題と比べて、『星に仄めかされて』では、人物の内面的問題「心の傷」(弱み)が焦点化されていることが分かった。さらに、作品中、「神の子どもたち」と見てもよい登場人物と彼らが「踊る」ことからは、村上春樹の短篇小説集『神の子どもたちはみな踊る』が連想される。村上春樹の『神の子どもたちはみな踊る』では、トラウマと向き合うことでトラウマの存在に気が付き、そこから次のステップへの行動を展開する処方が提示されている。それに対して、多和田葉子の『星に仄めかされて』では、人間同士がどれだけ境界線を引いて壁、国境を作ろうとしても、地球以外の星から見れば、所詮一つの地球というボールで暮らしている人類に過ぎず、人間同士で作った壁も、他人のステップ、ペースに合わせて「踊る」ことにより、相互の相違や意見の齟齬を乗り越えられるという処方が提示されている。2019年以後、ノーベル文学賞受賞日本人候補者として名前が列ねられた村上春樹と多和田葉子が提示した処方は、正にコロナ禍の時代を生きているために、一つの生き方としてとりわけ意味深長なもののように響いて聞こえてくる。jp1609-8978國內否TWN
2 105/2 日文系 樋口達郎 助理教授 期刊論文 發佈 言霊の在り処:言霊と和歌との関係性をめぐって , [105-2] :言霊の在り処:言霊と和歌との関係性をめぐって期刊論文言霊の在り処:言霊と和歌との関係性をめぐってWhat Is Kotodama Dwelling?: A Study on Relationship between Kotodama and Waka樋口達郎求真 22, p.1-10jp1883-7123國外樋口達郎否JPN
3 105/2 日文系 落合由治 教授 期刊論文 發佈 マルチモーダルな表現単位に関する考察─MOOCS番組の表現をめぐって─ , [105-2] :マルチモーダルな表現単位に関する考察─MOOCS番組の表現をめぐって─期刊論文マルチモーダルな表現単位に関する考察─MOOCS番組の表現をめぐって─以磨課師課程相關言語表達,來考察多模式介面表達之單位|A consideration about multi -modal expression units: Concerning an expression of MOOCS programs.落合由治台湾日語教育学報 28號 P217-245jp國內是TWN
4 105/2 日文系 王嘉臨 副教授 期刊論文 發佈 「村上春樹「女 のいない男たち」論─男たちの関係 性をめぐって─」 , [105-2] :「村上春樹「女 のいない男たち」論─男たちの関係 性をめぐって─」期刊論文「村上春樹「女 のいない男たち」論─男たちの関係 性をめぐって─」王嘉臨〈沒有女人的男人們〉;話語結構;非線性;他者關係;異質性日本論叢 35 ,頁19-38《沒有女人的男人們》為村上春樹於 2014 年所出版短篇小說集。村上春樹在自序中寫著,本作品是描寫由於各種各樣的原因被女性離棄的男人們或即將被離棄的男人們。由於作者的這樣敘述,先行研究中都聚焦在論及村上文學的「喪失感」等。 不同於以往的評論角度,本文旨在透過話語結構深入文本內涵。其中尤以〈沒有女人的男人們〉這篇作品為中心,重新探討其中所展現的意涵和敘事技巧。考察結果得知 :1.本作品透過非線性的敘事技巧,刻意壓制敘事過程裡的情節連貫性,巧妙地呈現出主角的個人主觀心境,開啟另類敘述風格。2.透過與他者關係的描寫,對一個人能否完全理解另外一個人表示出懷疑,提出了建立在「異質性」上的連帶關係。jp國內是TWN
5 104/1 日文系 落合由治 教授 期刊論文 發佈 日本近代小説の文章構成とその機能―芥川龍之介「藪の中」をめぐって― , [104-1] :日本近代小説の文章構成とその機能―芥川龍之介「藪の中」をめぐって―期刊論文日本近代小説の文章構成とその機能―芥川龍之介「藪の中」をめぐって―The Text Structure of Japanese Modern Novel and its Function : A Discussion of Ryunosuke Akutagawa "In a Grove" as a Case Study落合由治比較文化研究 119,頁19-34jp0914-0247國外否JPN
6 104/1 日文系 江雯薰 教授 期刊論文 發佈 現代日本語における傾向表現について─「~がちだ」「~っぽい」「~やすい」をめぐって─ , [104-1] :現代日本語における傾向表現について─「~がちだ」「~っぽい」「~やすい」をめぐって─期刊論文現代日本語における傾向表現について─「~がちだ」「~っぽい」「~やすい」をめぐって─江雯薰比較文化研究 119, p.101-110jp0914-0247國外是JPN
7 96/1 亞洲所 胡慶山 教授 期刊論文 發佈 「比較憲法学における国家の一考察---日本国と『台湾の国家生成』をめぐって---」 , [96-1] :「比較憲法学における国家の一考察---日本国と『台湾の国家生成』をめぐって---」期刊論文「比較憲法学における国家の一考察---日本国と『台湾の国家生成』をめぐって---」胡慶山興國管理學院應用日語學報 2,27-52頁jp國內否TWN
8 101/2 日文系 李文茹 副教授 期刊論文 發佈 植民地台湾で歌われたモダンと自由恋愛−1930年代の閩南語流行曲をめぐって− , [101-2] :植民地台湾で歌われたモダンと自由恋愛−1930年代の閩南語流行曲をめぐって−期刊論文植民地台湾で歌われたモダンと自由恋愛−1930年代の閩南語流行曲をめぐって−在殖民地台灣響起的「毛斷」與自由戀愛:探討1930年代閩南語流行歌曲李文茹淡江大學日本語文學系立命館大学国際言語文化研究所言語文化研究=Ritsumeikan Studies in Language and Culture 24(2),頁 73-82tku_id: 000138390;Submitted by 文茹 李 (138390@mail.tku.edu.tw) on 2015-03-18T13:11:40Z&#x0D; No. of bitstreams: 0;Made available in DSpace on 2015-03-18T13:11:40Z (GMT). No. of bitstreams: 0;2015-03-24 補正完成 by 何雯婷jp0915-7816國外TSSCI;否JPN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/100975</url></record></links>
9 102/2 日文系 落合由治 教授 期刊論文 發佈 日本語教育教材論のための効果的な説明表現─説得心理学から見た就職用書類の書き方をめぐって , [102-2] :日本語教育教材論のための効果的な説明表現─説得心理学から見た就職用書類の書き方をめぐって期刊論文日本語教育教材論のための効果的な説明表現─説得心理学から見た就職用書類の書き方をめぐってAn Effective Expression on Explanation for the Teaching-Materials Theory of Japanese Language Education: How to Write the Documents for Employment Seen from Persuasion Psychology;探究日語教育教材論範疇中之有效說服的表達方式-從說服心理學原理的角度環觀求職履歷書的寫作方式落合由治淡江大學日本語文學系台北市:台灣日本語文學會台灣日本語文學報 35,頁225-250本論文主要著眼於截止目前言語研究或教育研究上,少被注目的各類說明或說服情況時須使用的言語技巧。以採取事例研究為主軸,客觀採樣自網路上公開的求職秘招區中提到的求職時的自我推銷文章、履歷表的寫法說明、就職動機說明等。此類皆是求職活動中常被要求訴諸說明的基本內容,透過說服心理學的角度,使用文本分析方法論述。分析結果顯示現在的日本求職活動中使用的文章,雷同度很高,亦漸趨於定型。採用結論、成果、新發現或強調成果、希望、評價等文章結構,並應用說服對方的心理學原理為重要要訣、向對方訴求贏得信賴,以及強調優勢為最基本要件。有效地運用學習過的日文的方略,對日文學習者而言,在面臨畢業競爭激烈的求職過程中,本論文的研究成果,提示了廣泛社會上面臨的各式場合的適當表達的參考範例。此乃本論文的價值所在。Made available in DSpace on 2015-01-08T07:57:34Z (GMT). No. of bitstreams: 0;tku_id: 000098194;Submitted by 由治 落合 (098194@mail.tku.edu.tw) on 2015-01-08T07:57:34Z&#x0D; No. of bitstreams: 0;2015-01-12 補正完成 by 何雯婷jp1727-2226國內是TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>htt
10 103/1 日文系 江雯薰 教授 期刊論文 發佈 關於頻率副詞之考察-以高頻率副詞為中心 , [103-1] :關於頻率副詞之考察-以高頻率副詞為中心期刊論文關於頻率副詞之考察-以高頻率副詞為中心A Study on Adverbs of Frequency: Focusing on High-Frequency Adverbs江雯薰淡江大學日本語文學系高頻率副詞;時間限定性;運動性;界限性;狀態性;high-frequency adverbs;limited time;motion;boundaries;status台灣日本語文學會台灣日本語文學報 36,頁 157-176本論文將,「たえず」「しじゅう」「しょっちゅう」「よく」視為高頻率副詞,以明確各個詞在構文上及意思上的特徵為目的。以有無時間限定性、句尾述語的特徵、整個句子是否已實現、能否和否定句相呼應、能否和程度副詞一起使用這些方法來考察這四個詞的構文特徵。另一方面,從是否能相互置換來了解這四個詞在意思上的特徵。由構文上來看,四個詞都未受制於時間限定性,「運動性」「界限性」對四個詞的句尾述語來說是重要的這兩點為四個詞的共通點。相對於此,具有「狀態性」的述語能出現在「たえず」「しじゅう」的句尾;「たえず」「しじゅう」能和否定句相呼應;「しょっちゅう」「よく」能和程度副詞一起使用這些為這四個詞的相異點。由意思上來看,高頻率副詞有像「たえず」「しじゅう」這樣表行為不間斷持續著的副詞,也有像「しょっちゅう」「よく」這樣表相同行為重複地發生的副詞;「しょっちゅう」比「よく」多用在負面評價上這樣的特徵。tku_id: 000120556;Submitted by 雯薰 江 (wenshun@mail.tku.edu.tw) on 2014-12-22T12:29:41Z&#x0D; No. of bitstreams: 1&#x0D; 台灣日本語文學報36「頻度副詞に関する一考察─高頻度を表す副詞をめぐって─」.pdf: 1316901 bytes, checksum: eb894f10c8356c3b48db4507a43c97b2 (MD5);Made available in DSpace on 2014-12-22T12:29:41Z (GMT). No. of bitstreams: 1&#x0D; 台灣日本語文學報36「頻度副詞に関する一考察─高頻度を表す副詞をめぐって─」.pdf: 13169
11 87/2 日文系 河村裕之 講師 期刊論文 發佈 微視的権力の浸透と過剩同調--学校教育のしがらみと「いじめ」をめぐって , [87-2] :微視的権力の浸透と過剩同調--学校教育のしがらみと「いじめ」をめぐって期刊論文微視的権力の浸透と過剩同調--学校教育のしがらみと「いじめ」をめぐって河村裕之淡江大學日本語文學系台北縣:淡江大學日本語文學系淡江日本論叢=Tamkang Japanese Journal 8,頁33-55201304013 已補正 by yuchi;tku_id: 000111182;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0ja2705-356X國內TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/72036</url></record></links>
12 89/2 日文系 河村裕之 講師 期刊論文 發佈 続‧異文化理解を考える--定型的言說の留保と分析的理解をめぐって , [89-2] :続‧異文化理解を考える--定型的言說の留保と分析的理解をめぐって期刊論文続‧異文化理解を考える--定型的言說の留保と分析的理解をめぐって河村裕之淡江大學日本語文學系異文化理解;他者理解;定型的言說;分析的理解;定義台北縣:淡江大學日本語文學系淡江日本論叢=Tamkang Japanese Journal 10,頁569-587201304013 已補正 by yuchi;tku_id: 000111182;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0ja2705-356X國內TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/29278</url></record></links>
13 98/1 日文系 彭春陽 教授 期刊論文 發佈 北村兼子と『新台湾行進曲』——婦人参政権問題をめぐって , [98-1] :北村兼子と『新台湾行進曲』——婦人参政権問題をめぐって期刊論文北村兼子と『新台湾行進曲』——婦人参政権問題をめぐって從婦女參政權問題探究北村兼子與《新台湾進行曲》彭春陽淡江大學日本語文學系北村兼子;台灣日日新報;《新台灣行進曲》;參政權;婦人運動;Kaneko Kitamura;Taiwanese date new report;New Taiwanese march;suffrage、woman movement台北縣:淡江大學日本語文學系淡江日本論叢 20,頁121-148本論文乃是收集《台灣日日新報》上刊載北村兼子女士於昭和5(1930)年間於台灣一連串活動以及講演內容,經過整理、分析、比對之後的成果。昭和初期、在殖民地的臺灣土地上,要求自治或參政權的政治運動非常活絡。其中北村兼子於昭和5(1930)年間訪問台灣,至台灣各地巡迴演講。其活躍得盛況,更是台灣婦人運動、文化運動上受到矚目的一大盛事。該演講對於台灣女性的自主思想啟發甚大,於台灣史上女性的崛起,扮演著著功不可沒的角色。201304013 已補正 by yuchi;tku_id: 000083725;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0jp2705-356X國內否TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/71971</url></record></links>
14 82/1 日文系 黃憲堂 副教授 期刊論文 發佈 命題判断の副詞--文中に於けるその機能と位置をめぐって , [82-1] :命題判断の副詞--文中に於けるその機能と位置をめぐって期刊論文命題判断の副詞--文中に於けるその機能と位置をめぐって黃憲堂淡江大學日本語文學系台北縣:淡江大學日本語文學系日本論叢 4,頁23-38201304013 已補正 by yuchi;tku_id: 000047847;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0ja國內TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/29213</url></record></links>
15 83/1 日文系 林丕雄 榮譽教授 期刊論文 發佈 石川啄木と日本植民地--台湾.遼東半島と日韓併合をめぐって , [83-1] :石川啄木と日本植民地--台湾.遼東半島と日韓併合をめぐって期刊論文石川啄木と日本植民地--台湾.遼東半島と日韓併合をめぐって林丕雄淡江大學日本語文學系台北縣:淡江大學日本語文學系日本論叢 5,頁1-12201304015 已補正 by yuchi;tku_id: 000020086;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0ja國內TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/71973</url></record></links>
16 100/2 日文系 林丕雄 榮譽教授 期刊論文 發佈 啄木と中國--唐詩選をめぐって , [100-2] :啄木と中國--唐詩選をめぐって期刊論文啄木と中國--唐詩選をめぐって林丕雄淡江大學日本語文學系中國;唐詩台北縣:淡江大學日本語文學系淡江日本論叢=Tamkang Japanese Journal 25,頁3-29201304015 已補正 by yuchi;tku_id: 000020086;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0ja2705-356X國內TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/71984</url></record></links>
17 80/1 日文系 林丕雄 榮譽教授 期刊論文 發佈 啄木と中国--唐詩選をめぐって , [80-1] :啄木と中国--唐詩選をめぐって期刊論文啄木と中国--唐詩選をめぐって林丕雄淡江大學日本語文學系台北縣:淡江大學日本語文學系日本論叢 1,頁160-179201304015 已補正 by yuchi;tku_id: 000020086;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0ja國內TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/71911</url></record></links>
18 89/2 日文系 孫寅華 副教授 期刊論文 發佈 日本語教育の場に見られる日本語‧中國語の誤用--教室活動から見た言語慣習をめぐって , [89-2] :日本語教育の場に見られる日本語‧中國語の誤用--教室活動から見た言語慣習をめぐって期刊論文日本語教育の場に見られる日本語‧中國語の誤用--教室活動から見た言語慣習をめぐって孫寅華淡江大學日本語文學系台北縣:淡江大學日本語文學系淡江日本論叢=Tamkang Japanese Journal 10,頁206-218201304013 已補正 by yuchi;tku_id: 000016109;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0ja2705-356X國內TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/29269</url></record></links>
19 88/1 日文系 曾秋桂 教授 期刊論文 發佈 小說『明暗』と『明暗』期漢詩創作上の關わりについて-「褞袍」の語をめぐって- , [88-1] :小說『明暗』と『明暗』期漢詩創作上の關わりについて-「褞袍」の語をめぐって-期刊論文小說『明暗』と『明暗』期漢詩創作上の關わりについて-「褞袍」の語をめぐって-從「褞袍」一語來看小說『明暗』作品與漢詩創作之間的關係曾秋桂淡江大學日本語文學系台北市:台灣日語教育學會台灣日本語教育論文集 3,頁217-288已補正 by 惠縈;tku_id: 000095686;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0;2014-01-03 補正完成 by 郁欣ja1993-7423國內TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/29242</url></record></links>
20 100/1 日文系 林寄雯 副教授 期刊論文 發佈 『三四郎』における金銭の役割―三十円の貸借関係をめぐって― , [100-1] :『三四郎』における金銭の役割―三十円の貸借関係をめぐって―期刊論文『三四郎』における金銭の役割―三十円の貸借関係をめぐって―林寄雯淡江大學日本語文學系韓國日本言語文化學會日本言語文化 19,頁 573-593tku_id: 000096976;Submitted by 寄雯 林 (096976@mail.tku.edu.tw) on 2013-03-13T14:52:30Z No. of bitstreams: 0;Made available in DSpace on 2013-03-13T14:52:31Z (GMT). No. of bitstreams: 0;20130423 verified by Sujenjp國外否JPN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/83120</url></record></links>
21 83/2 日文系 林丕雄 榮譽教授 期刊論文 發佈 石川啄木と日本植民地--臺灣.遼東半島と日韓併合をめぐって , [83-2] :石川啄木と日本植民地--臺灣.遼東半島と日韓併合をめぐって期刊論文石川啄木と日本植民地--臺灣.遼東半島と日韓併合をめぐって林丕雄淡江大學日本語文學系日本;石川啄木;植民地;臺灣;遼東半島臺北縣:淡江大學淡江時報社淡江學報=Tamkang Journal 34,頁705-71620130305-補正完成 by yuchi;tku_id: 000020086;Made available in DSpace on 2013-03-12T04:11:44Z (GMT). No. of bitstreams: 0ja國內TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/29197</url></record></links>
22 100/1 日文系 江雯薰 教授 期刊論文 發佈 頻度副詞に関する一考察─低頻度を表す副詞をめぐって─ , [100-1] :頻度副詞に関する一考察─低頻度を表す副詞をめぐって─期刊論文頻度副詞に関する一考察─低頻度を表す副詞をめぐって─A Study on Frequency Averbs: Focusing on Low-Frequency Adverbs江雯薰淡江大學日本語文學系頻度副詞日本比較文化學會比較文化研究 99,頁57-68Submitted by 雯薰 江 (wenshun@mail.tku.edu.tw) on 2012-04-18T09:10:39Z No. of bitstreams: 1 [tamani][tokitama][tokidoki][mareni].pdf: 339385 bytes, checksum: 027e0035215cbcfd5df13af53151da1a (MD5);Made available in DSpace on 2012-04-18T09:10:40Z (GMT). No. of bitstreams: 1 [tamani][tokitama][tokidoki][mareni].pdf: 339385 bytes, checksum: 027e0035215cbcfd5df13af53151da1a (MD5);tku_id: 000120556ja0914-0247國外<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/75838</url></record></links>
23 98/1 日文系 王嘉臨 副教授 期刊論文 發佈 志賀直哉『大津順吉』論―「自己語り」の叙述形式をめぐって , [98-1] :志賀直哉『大津順吉』論―「自己語り」の叙述形式をめぐって期刊論文志賀直哉『大津順吉』論―「自己語り」の叙述形式をめぐって王嘉臨淡江大學日本語文學系東北大学文芸談話会日本文芸論稿 33,頁16-26Submitted by 王 嘉臨 (137176@mail.tku.edu.tw) on 2012-03-11T15:33:56Z No. of bitstreams: 1 志賀直哉『大津順吉』論.pdf: 463057 bytes, checksum: 7323b1dffe45c3a290355d150ca27fc2 (MD5);Made available in DSpace on 2012-03-11T15:33:57Z (GMT). No. of bitstreams: 1 志賀直哉『大津順吉』論.pdf: 463057 bytes, checksum: 7323b1dffe45c3a290355d150ca27fc2 (MD5);tku_id: 000137176ja國外<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/75063</url></record></links>
24 90/2 日文系 李文茹 副教授 期刊論文 發佈 偽装アイデンティティ――坂口ネ零子の「鄭一家」をめぐって , [90-2] :偽装アイデンティティ――坂口ネ零子の「鄭一家」をめぐって期刊論文偽装アイデンティティ――坂口ネ零子の「鄭一家」をめぐって李文茹淡江大學日本語文學系表現と創造 3,頁43-55tku_id: 000138390;Made available in DSpace on 2011-10-24T01:45:10Z (GMT). No. of bitstreams: 0ja<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/71959</url></record></links>
25 97/1 日文系 李文茹 副教授 期刊論文 發佈 南方憧憬と帝国男性的なオリエンタリズム―台湾原住民族の表象をめぐって , [97-1] :南方憧憬と帝国男性的なオリエンタリズム―台湾原住民族の表象をめぐって期刊論文南方憧憬と帝国男性的なオリエンタリズム―台湾原住民族の表象をめぐって李文茹淡江大學日本語文學系日本学 27,頁35-65tku_id: 000138390;Made available in DSpace on 2011-10-24T01:45:01Z (GMT). No. of bitstreams: 0ja<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/71958</url></record></links>
26 93/2 日文系 李文茹 副教授 期刊論文 發佈 日本人と「蕃人」とのコロニアル・エンカウンター――山部歌津子の『蕃人ライサ』をめぐって , [93-2] :日本人と「蕃人」とのコロニアル・エンカウンター――山部歌津子の『蕃人ライサ』をめぐって期刊論文日本人と「蕃人」とのコロニアル・エンカウンター――山部歌津子の『蕃人ライサ』をめぐって李文茹淡江大學日本語文學系表現と創造 6,頁27-41tku_id: 000138390;Made available in DSpace on 2011-10-24T01:44:13Z (GMT). No. of bitstreams: 0ja<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/71953</url></record></links>
27 95/2 日文系 廖育卿 副教授 期刊論文 發佈 森鷗外作品における〈狂気〉の位相―初期三部作の女性像をめぐって― , [95-2] :森鷗外作品における〈狂気〉の位相―初期三部作の女性像をめぐって―期刊論文森鷗外作品における〈狂気〉の位相―初期三部作の女性像をめぐって―廖育卿淡江大學日本語文學系国語国文学研究 42,頁55-68tku_id: 000135990;Made available in DSpace on 2011-10-24T01:43:33Z (GMT). No. of bitstreams: 0ja<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/71949</url></record></links>
28 93/2 日文系 林青樺 副教授 期刊論文 發佈 事象達成の観点から見たヴォイスの対立をめぐって-受身文の否定の意味解釈を通して- , [93-2] :事象達成の観点から見たヴォイスの対立をめぐって-受身文の否定の意味解釈を通して-期刊論文事象達成の観点から見たヴォイスの対立をめぐって-受身文の否定の意味解釈を通して-林青樺淡江大學日本語文學系日本語文法 5(1),頁104-120tku_id: 000129611;Made available in DSpace on 2011-10-24T01:40:06Z (GMT). No. of bitstreams: 0ja<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/71929</url></record></links>
29 92/2 日文系 林青樺 副教授 期刊論文 發佈 事象達成から見た自動性のあり方をめぐって-自動詞文・受身文・自発文を対象として- , [92-2] :事象達成から見た自動性のあり方をめぐって-自動詞文・受身文・自発文を対象として-期刊論文事象達成から見た自動性のあり方をめぐって-自動詞文・受身文・自発文を対象として-林青樺淡江大學日本語文學系国語学研究 43,頁75-87tku_id: 000129611;Made available in DSpace on 2011-10-24T01:39:55Z (GMT). No. of bitstreams: 0ja<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/71928</url></record></links>
30 89/2 日文系 武久康高 助理教授 期刊論文 發佈 『枕草子』の言語主体-〈帝〉への「ミウチ」意識をめぐって- , [89-2] :『枕草子』の言語主体-〈帝〉への「ミウチ」意識をめぐって-期刊論文『枕草子』の言語主体-〈帝〉への「ミウチ」意識をめぐって-A Narrating Subject in Makura-no-soshi--The Emperor System as a Family武久康高=Takehisa, Yasutaka淡江大學日本語文學系東京都:日本文学協會日本文学=Japanese literature 50(2),頁11-21本論文では、「大納言参り給ひて」(二九七段)「一条の院をば」(二三〇段)両章段における一条帝が<公><私>両面をもって描出されていることを確認し、それがこの期の<帝-摂関家>関係を媒介した「ミウチ」意識にかかわることを指摘した。さらに、そうした帝像が『枕草子』テクストに描出される際に生成している言語主体の位相、およびそこで生み出される自己像(「わたし」)のありようについて検討した。 In this essay, I will read the two parts of Makura-no-soshi-"Dainagon-mairitamaite" (297) and "Ichijo-no-oba" (230)-and point out both the public and private aspects of Emperor Ichijo depicted there. As is seen in his private side, the text represents the emperor in the image of Father who treated his subjects as if they had been the members of his family. To focus on this image of the emperor will lead to the question of a narrating subject and its narrative function in Makura-no-soshi.tku_id: 000119244;Made available in DSpace on 2011-10-24T01:37:36Z (GMT). No. of bitstreams: 0
[第一頁][上頁]12[次頁][最末頁]目前在第 1 頁 / 共有 34 筆查詢結果