關鍵字查詢 | 類別:會議論文 | | 關鍵字:台湾関係法

[第一頁][上頁]1[次頁][最末頁]目前在第 1 頁 / 共有 01 筆查詢結果
序號 學年期 教師動態
1 107/2 日本政經所 胡慶山 教授 會議論文 發佈 アメリカ国内法としての「台湾関係法」から国際化への提案 , [107-2] :アメリカ国内法としての「台湾関係法」から国際化への提案會議論文アメリカ国内法としての「台湾関係法」から国際化への提案胡 慶山アメリカ国内法としての「台湾関係法」から国際化への提案「日台の安全保障とCPTPP」學術研討會會議手冊結びとして:アメリカ国内法としての「台湾関係法」から国際化への提案 2004年に、東アジア・太平洋担当国務次官補のジェイムズ・アンドリュー・ケリー(James Andrew kelly)がアメリカ国会で台湾政策の核心的な原則に対して米国は台湾独立に支持せずと明言し、米国が定義した「現状」への片方変更にも支持しない。これに当たる「台湾関係法」の法理的定義では、「合衆国の法律が外国の国家、州、政府および類似の存在に言及し、関係する場合は、必ずその条文は台湾を含み、法律は台湾に適用されなければならない。」 米国大統領ジミー・カーター(Jimmy Carter)が「中華民国」の代表権を承認する前日に、「現状」を維持するという行政命令を発し、「米国、台湾と両国における現存、発効している協定と非正式協定は引き続き有効であり、政府部門は1979年1月1日から実施し、執行する。」 例えば、2018年6月に中国を代表する中国国家主席習近平は、米国国防部長ジェイムズ・マティス(James Mattis)米国防長官との会談で領土について、「祖先から受け継いだ領土は一寸たりとも失うことはできない」と語った。 中国は「現状」に対する認識が国家と党の必要から定義され、すなわち、中国における現状は南シナ海、台湾、尖閣諸島、琉球諸島、蔵南地区、外蒙古までに含まれている。 以上のように、今現在中国の代表でなくなった中華民国政府(台湾)、アメリカ国内法である「台湾関係法」を外国の国家として履行している米国、台湾が中国の一部であると主張しており、2005年に「国家分裂法」という国内法を制定した中華人民共和政府(中国)、三ヶ国から「現状」に対する定義から、もし台湾が国際法における主権国家にならないまま であれば、いわゆる米日豪新印における印インド太平洋戦略の安全保障と地域経済統合(台湾が日本の主導しているCPTPPに加入すべきこと)の中から、地域的集団自衛権を国際法における主権国家として行使することはできない。最後的に、台湾が一生懸命に追求する自由、民主主義、人権、法の支配と
[第一頁][上頁]1[次頁][最末頁]目前在第 1 頁 / 共有 01 筆查詢結果