關鍵字查詢 | 類別:會議論文 | | 關鍵字:台湾

[第一頁][上頁]1234567[次頁][最末頁]目前在第 1 頁 / 共有 189 筆查詢結果
序號 學年期 教師動態
1 108/1 日文系 曾秋桂 教授 會議論文 發佈 エコフェミニズムの視点から読む多和田葉子の『地球にちりばめられて』 , [108-1] :エコフェミニズムの視点から読む多和田葉子の『地球にちりばめられて』會議論文エコフェミニズムの視点から読む多和田葉子の『地球にちりばめられて』曾秋桂2019年台湾日本語文学会年度大会,頁139-146jp國際無20191214~20191214否TWN2019年台湾日本語文学会年度大会台北市,台灣
2 108/1 日文系 曾秋桂 教授 會議論文 發佈 AI技術による日本語教育への応用―「日文習作(二)」授業を例にして― , [108-1] :AI技術による日本語教育への応用―「日文習作(二)」授業を例にして―會議論文AI技術による日本語教育への応用―「日文習作(二)」授業を例にして―曾秋桂2019年台湾日本語教育学会年度大会,頁33-40jp國際無20191130~20191130否TWN2019年台湾日本語教育学会年度大会新北市,臺灣
3 108/2 日文系 中村香苗 副教授 會議論文 發佈 サービスラーニングとしての日本語教育実習ー台湾の日本語学科の事例からー , [108-2] :サービスラーニングとしての日本語教育実習ー台湾の日本語学科の事例からー會議論文サービスラーニングとしての日本語教育実習ー台湾の日本語学科の事例からー中村香苗サービスラーニング;日本語教育実習;キャリア教育;卒業プロジェクト1.発表題目 「サービスラーニングとしての日本語教育実習—台湾の日本語学科の事例から—」 2.目的  本発表は、発表者の勤務校である台湾の大学の日本語学科で、学習と社会貢献活動を組み合わせた「サービスラーニング」として実施されている日本語・文化教育実習の実践報告である。本発表を通して、日本語教師になることが主目的ではない本実習が、いかに学生たちのクリエイティビティを刺激する学びの場となっているかを実証する。 3.概要  発表者の勤務校の日本語学科では、4年生になると論文や翻訳など様々な選択肢の中から一つ選んで1年間卒業プロジェクトに取り組む。その中の一つに、日本語教育実習がある。本実習は勤務校の「サービスラーニング課程」に認定され、近隣の小中学校で合計18時間のサービス活動—日本語・文化体験授業—を行う形式になっている。また日本語教授技能の養成よりも、むしろ社会に出てから生かされるであろうコンピテンシーの育成に重きが置かれている。そのため各学生が教壇に立つ時間は少ないが、協定校との連絡からコースデザイン、教案・教材作成、実習授業の運営、成果発表に到るまで、すべて学生たちが主体的に協働で取り組む。コースデザインの際には、台湾の「多元文化教育」の枠組みの中で、なぜ子供たちが日本について学ぶ必要があるのかをクリティカルに考えることも求められている。このような1年間の実習を通して、チームワークや責任感、課題解決能力やクリエイティビティがいかに発揮されるようになり、社会貢献に対する意識が深まったのかを、学生たちの作成した実習記録、および指導教師としての観察から考察する。 4.研究の独自性および意義  いわゆる日本語教師養成とは異なる教育実習のデザインを紹介することで、他国でのサービスラーニング実践の参考になると思われる。例えば日本の大学の留学生対象コースでも、地域コミュニティの国際理解教育への貢献として同様の活動が可能であろう。jp國際無20200307~20200308中村香苗是JPN言語文化教育研究学会年次大会京都市,日本
4 108/1 日文系 王憶雲 副教授 會議論文 發佈 中村星湖「彼等は踊る」小考 , [108-1] :中村星湖「彼等は踊る」小考會議論文中村星湖「彼等は踊る」小考王憶雲jp國際無20191214~20191214是TWN2019年台湾日本語・日本文学研究国際シンポジウム台北市, 台灣
5 108/1 日文系 葉 夌 助理教授 會議論文 發佈 AIで読む村上春樹―『風の歌を聴け』を例にして― , [108-1] :AIで読む村上春樹―『風の歌を聴け』を例にして―會議論文AIで読む村上春樹―『風の歌を聴け』を例にして―葉夌jp國際淡水校園20191130~20191130是TWN2019年台湾日本語教育国際シンポジウム新北市, 台灣
6 108/1 資管系 魏世杰 副教授 會議論文 發佈 AI 人工知能による個性的翻訳の可能性: ニューラル機械翻訳モデルの性能比較 , [108-1] :AI 人工知能による個性的翻訳の可能性: ニューラル機械翻訳モデルの性能比較會議論文AI 人工知能による個性的翻訳の可能性: ニューラル機械翻訳モデルの性能比較蔡佩青; 魏世杰jp國際淡水校園20191130~20191130是TWN「台湾日本語教育研究」国際シンポジウム新北市, 台灣
7 108/1 日文系 蔡佩青 副教授 會議論文 發佈 台湾人にとっての日本文化観光ーー花蓮慶修院を例にーー , [108-1] :台湾人にとっての日本文化観光ーー花蓮慶修院を例にーー會議論文台湾人にとっての日本文化観光ーー花蓮慶修院を例にーー蔡佩青jp國際無20191101~20191103是TWN東亞日本研究者協議會第四屆國際學術大會臺灣大學
8 108/1 日文系 王天保 助理教授 會議論文 發佈 台湾華語の“雷”の意味変化 , [108-1] :台湾華語の“雷”の意味変化會議論文台湾華語の“雷”の意味変化王天保jp國際無20191026~20191026是JPN大阪大学言語文化学会 第56回(2019年度秋季)大会大阪大学豊中総合学館
9 108/1 日文系 王嘉臨 副教授 會議論文 發佈 テキストマイニングによる村上春樹研究動向の分析ーCiNiiのタイトル分析を通して , [108-1] :テキストマイニングによる村上春樹研究動向の分析ーCiNiiのタイトル分析を通して會議論文テキストマイニングによる村上春樹研究動向の分析ーCiNiiのタイトル分析を通して王嘉臨AI;テキストマイニング;村上春樹;研究動向;CiNiiタイトル近年、Deep LearningをベースとするAI技術の急速な発展により、今や様々な分野や業界で、AIを活用する動きが活況を呈している。本発表では、これまでの「村上春樹」に関する文献を国立情報学研究所の学術情報ナビゲータ(CiNii)から、「村上春樹」をキーワードとして抽出し、論文のタイトルに対して、テキストマイニングの手法を用いて計量的なアプローチにより研究動向を分析した。jp國際無20191101~20191103是TWN東アジア日本研究者協議会第4回国際学術大会台湾大学
10 107/1 日文系 施信余 副教授 會議論文 發佈 台湾大学生が日本、日本人、日本語に対するイメージ形成--イメージ形成要因の分析を中心に-- , [107-1] :台湾大学生が日本、日本人、日本語に対するイメージ形成--イメージ形成要因の分析を中心に--會議論文台湾大学生が日本、日本人、日本語に対するイメージ形成--イメージ形成要因の分析を中心に--施信余外語學習;學習動機;目標語言;形象形成;意識調查本研究旨在分析現今台灣大學生對於日本、日本人以及日語所抱持的意識想法,採用問卷調查方式,分別以〈主修日語〉、〈第二外語選修日語〉、〈第二外語選修日語以外語言〉之學習者為調查對象,於台灣北中南共五所大學實施調查,回收共739份問卷。問卷內容分為:〈個人背景資料〉、〈對日本、日本人、日語的印象相關設問〉、〈日語學習相關設問〉,從〈日本、日本人、日語在心中的形象〉、〈形象形成相關要素〉、〈日語學習的動機〉、〈日語的前瞻性〉等觀點進行交叉分析。結果如下:1.在台灣,所謂的次文化與日語及日本的形象形成具有重大關連性,並成為強烈的學習動機。2.關於日本形象之形成,日籍教師的影響力大於台籍教師。3.在日語學習方面,有重視實務性的傾向。透過上述分析,期可具體以數值呈現以往日語教師在教育現場所得到的模糊而籠統的感受,並提出能實際應用於教育現場的建言。jp國際無20181208~20181209是HKG第十二屆國際日本語教育‧日本研究研討會 「多言語世界における日本語教育の変遷」香港理工大學
11 96/1 日文系 彭春陽 教授 會議論文 發佈 「淡江大学における日本語教育及び大学院教育」 , [96-1] :「淡江大学における日本語教育及び大学院教育」會議論文「淡江大学における日本語教育及び大学院教育」淡江大學的日語教育及研究所教育彭春陽jp國際無20071202~20071202否JPN台湾における日本語教育の現状と課題東京外國語大學, 日本
12 107/2 日文系 富田哲 副教授 會議論文 發佈 伊沢修二再論:日本・台湾・東アジア , [107-2] :伊沢修二再論:日本・台湾・東アジア會議論文伊沢修二再論:日本・台湾・東アジア富田哲jp國內無20190615~20190615否TWN台湾日本語文学会第336回例会台北市YMCA城中會所R203室, 台灣
13 107/1 日文系 葉 夌 助理教授 會議論文 發佈 村上春樹『騎士団長殺し』における職業画家とその語り , [107-1] :村上春樹『騎士団長殺し』における職業画家とその語り會議論文村上春樹『騎士団長殺し』における職業画家とその語り葉夌jp國際淡水校園20181201~20181201是TWN2018年台湾日本語教育国際シンポジウム淡江大学, Taiwan
14 107/1 歷史系 林呈蓉 教授 會議論文 發佈 日本精神・台湾魂:きりすと教ナショナリズムを例として , [107-1] :日本精神・台湾魂:きりすと教ナショナリズムを例として會議論文日本精神・台湾魂:きりすと教ナショナリズムを例として日本語林呈蓉無教會主義成長するアジアにおける教育と文化交流jp國際無20181208~20181208否JPN東アジア国際学術フォーラム山口大学吉田キャンパス, 日本
15 107/2 日文系 中村香苗 副教授 會議論文 發佈 Critical Content_Based Instructionを目指した会話授業ー多文化共生をテーマにー , [107-2] :Critical Content_Based Instructionを目指した会話授業ー多文化共生をテーマにー會議論文Critical Content_Based Instructionを目指した会話授業ー多文化共生をテーマにー中村香苗本発表では、近年アメリカや日本の外国語教育者の間で実践されている「内容重視の批判的言語教育(Critical Content-Based Instruction:以下CCBI)」(佐藤・高見・神吉・熊谷 2015)の理念を取り入れた会話授業の実践例を報告する。クリティカルアプローチを前提としたCCBIは、言語教育を単なる言葉のスキルや知識の学習と捉えるのではなく、より「公正で平等な社会」を作るための意識や思考、態度を培う「教育」と位置付けている。また、社会的な営みを通して自分自身の目的や用途にあった日本語を学び、自らのアイデンティティを表現し交渉できる「クリティカルな日本語使用者」になることも目標の一つとされている。  筆者は3年生の会話授業で「多文化共生」をテーマに、「日本の移民の現状と課題を理解し、台湾社会における移民やマイノリティの問題と比較し考える」ことを学習目標に掲げて授業を行った。本報告では1学期間の授業実践の中から、特に「在台日本人へのインタビュープロジェクト」と「なりきりスピーチコンテスト」という活動の実践例を紹介する。これらの活動を通して、学生たちの台湾に住む様々な立場の外国人への意識がどのように変化したのかを検証する。同時に、学生たちが相手との関係性の変化をいかに自分の日本語使用に反映させているのかも例証する。  CCBIにおいて、教師はただ知識を授ける者ではなく、学生と対等な立場で柔軟に多様な価値観を受け入れ、共に学んでいく姿勢が求められる。本発表では、筆者自身が教師としてどのような学びや反省があったのかも考察する。そして今後さらに効果的なCCBIの実践をするために、コースデザインや教室内外の活動における留意点も提言する。jp國際無20190315~20190315是TWN銘傳大學2019年國際學術研討會「教育國際化潮流趨勢下台灣日語教育之反思ー成效輿評鑑ー」銘傳大學桃園校園, 台灣
16 107/2 日本政經所 胡慶山 教授 會議論文 發佈 アメリカ国内法としての「台湾関係法」から国際化への提案 , [107-2] :アメリカ国内法としての「台湾関係法」から国際化への提案會議論文アメリカ国内法としての「台湾関係法」から国際化への提案胡 慶山アメリカ国内法としての「台湾関係法」から国際化への提案「日台の安全保障とCPTPP」學術研討會會議手冊結びとして:アメリカ国内法としての「台湾関係法」から国際化への提案 2004年に、東アジア・太平洋担当国務次官補のジェイムズ・アンドリュー・ケリー(James Andrew kelly)がアメリカ国会で台湾政策の核心的な原則に対して米国は台湾独立に支持せずと明言し、米国が定義した「現状」への片方変更にも支持しない。これに当たる「台湾関係法」の法理的定義では、「合衆国の法律が外国の国家、州、政府および類似の存在に言及し、関係する場合は、必ずその条文は台湾を含み、法律は台湾に適用されなければならない。」 米国大統領ジミー・カーター(Jimmy Carter)が「中華民国」の代表権を承認する前日に、「現状」を維持するという行政命令を発し、「米国、台湾と両国における現存、発効している協定と非正式協定は引き続き有効であり、政府部門は1979年1月1日から実施し、執行する。」 例えば、2018年6月に中国を代表する中国国家主席習近平は、米国国防部長ジェイムズ・マティス(James Mattis)米国防長官との会談で領土について、「祖先から受け継いだ領土は一寸たりとも失うことはできない」と語った。 中国は「現状」に対する認識が国家と党の必要から定義され、すなわち、中国における現状は南シナ海、台湾、尖閣諸島、琉球諸島、蔵南地区、外蒙古までに含まれている。 以上のように、今現在中国の代表でなくなった中華民国政府(台湾)、アメリカ国内法である「台湾関係法」を外国の国家として履行している米国、台湾が中国の一部であると主張しており、2005年に「国家分裂法」という国内法を制定した中華人民共和政府(中国)、三ヶ国から「現状」に対する定義から、もし台湾が国際法における主権国家にならないまま であれば、いわゆる米日豪新印における印インド太平洋戦略の安全保障と地域経済統合(台湾が日本の主導しているCPTPPに加入すべきこと)の中から、地域的集団自衛権を国際法における主権国家として行使することはできない。最後的に、台湾が一生懸命に追求する自由、民主主義、人権、法の支配と
17 107/2 日文系 廖育卿 副教授 會議論文 發佈 「台湾における茶道文化教育への実践報告ー淡江大学日本文化研究社を例としてー」 , [107-2] :「台湾における茶道文化教育への実践報告ー淡江大学日本文化研究社を例としてー」會議論文「台湾における茶道文化教育への実践報告ー淡江大学日本文化研究社を例としてー」廖育卿jp國際無20190315~20190315否TWN銘傳大學2019國際學術研討會「教育國際化潮流趨勢下台灣日語教育的反思ー成效與評鑑ー」銘傳大學, 台灣
18 107/1 日本政經所 蔡錫勳 副教授 會議論文 發佈 文化強国とクール・ジャパン , [107-1] :文化強国とクール・ジャパン會議論文文化強国とクール・ジャパン蔡錫勲jp國內淡水校園20181214~20181214否TWN淡江大学日本政経研究所国際会議 台湾と日本の連携より国際異文化ビジネスの進展淡江大學
19 107/2 日本政經所 胡慶山 教授 會議論文 發佈 東アジアの地域安全保障協力と日本――台湾からの視点 , [107-2] :東アジアの地域安全保障協力と日本――台湾からの視点會議論文東アジアの地域安全保障協力と日本――台湾からの視点東アジアの地域安全保障協力と日本――台湾からの視点胡慶山東アジアの地域安全保障協力と日本――台湾からの視点問題提起 まず、「東アジアにおける地域協力枠組み発展の政治過程(Political process of developing regional cooperation frameworks in East Asia)」という国際関係論に関する研究がどのような結論になっているのか。そして、東アジアの地域安全保障協力と日本については、どのように理解されるべきであろうか。なお、なぜ日本によるCPTPPへ台湾が加入しなければならないのか、ということを結びとする。jp國際淡水校園20190308~20190308否JPN「東アジアの地域ガバナンスと日本――20世紀国際関係史の視点」日台国際ワークショップ淡江大學守謙國際會議中心HC305, 台灣
20 107/1 日文系 王天保 助理教授 會議論文 發佈 台湾華語における“用”に関する一考察 , [107-1] :台湾華語における“用”に関する一考察會議論文台湾華語における“用”に関する一考察王天保jp國際無20181223~20181223是JPN日中対照言語学会第40回大会大阪産業大学梅田サテライト, 日本
21 107/1 日文系 落合由治 教授 會議論文 發佈 マルチモーダル領域における日本語研究の未来展望─AI自然言語処理研究への接続の観点から─ , [107-1] :マルチモーダル領域における日本語研究の未来展望─AI自然言語処理研究への接続の観点から─會議論文マルチモーダル領域における日本語研究の未来展望─AI自然言語処理研究への接続の観点から─落合由治jp國際無20181215~20181215是TWN2018台湾日本語文学国際シンポジウム台北, 台湾
22 107/1 日文系 落合由治 教授 會議論文 發佈 マルチモーダル領域における日本語研究の未来展望─AI自然言語処理研究への接続の観点から─ , [107-1] :マルチモーダル領域における日本語研究の未来展望─AI自然言語処理研究への接続の観点から─會議論文マルチモーダル領域における日本語研究の未来展望─AI自然言語処理研究への接続の観点から─落合由治jp國際無20181215~20181215是TWN2018台湾日本語文学国際シンポジウム台北, 台湾
23 107/1 日文系 落合由治 教授 會議論文 發佈 AI研究の基本的方向性についての考察─日本語教育の革新の可能性を探る─ , [107-1] :AI研究の基本的方向性についての考察─日本語教育の革新の可能性を探る─會議論文AI研究の基本的方向性についての考察─日本語教育の革新の可能性を探る─落合由治jp國際淡水校園20181201~20181201是TWN2018 年台湾日本語教育国際シンポジウム台北, 台湾
24 106/2 日文系 落合由治 教授 會議論文 發佈 長編小説の語りにおける村上春樹作品の共鳴 , [106-2] :長編小説の語りにおける村上春樹作品の共鳴會議論文長編小説の語りにおける村上春樹作品の共鳴落合由治jp國際淡水校園20180526~20180527是TWN2018年第7回村上春樹国際シンポジウム台北, 台湾
25 107/1 日本政經所 徐浤馨 助理教授 會議論文 發佈 日米同盟の枠組みにおける安倍のインド太平洋戦略 , [107-1] :日米同盟の枠組みにおける安倍のインド太平洋戦略會議論文日米同盟の枠組みにおける安倍のインド太平洋戦略徐浤馨淡江大学日本政経研究所国際会議zh_TW國際淡水校園20181214~20181214否TWN「国際異文化ビジネスの進展―台湾と日本の連携より」 淡江大学日本政経研究所国際会議淡大守謙國際會議中心
26 105/1 日文系 曾秋桂 教授 會議論文 發佈 「淡江大学日本語学科の教学特色とビジョン」 , [105-1] :「淡江大学日本語学科の教学特色とビジョン」會議論文「淡江大学日本語学科の教学特色とビジョン」曾秋桂台湾日本語文学会第324定例会jp國內無20161119~20161119否TWN台湾日本語文学会第324定例会新北市, 台灣
27 105/1 日文系 曾秋桂 教授 會議論文 發佈 「日本語翻訳指導に関して」 , [105-1] :「日本語翻訳指導に関して」會議論文「日本語翻訳指導に関して」曾秋桂『2016台湾日本語教育研究国際会議学術研討会』P227-230jp國內無20161126~20161126否TWN2016台湾日本語教育研究国際会議学術研討会東吳大學, 台灣
28 104/2 日文系 曾秋桂 教授 會議論文 發佈 「村上春樹の魅力――台湾の視点から見て」 , [104-2] :「村上春樹の魅力――台湾の視点から見て」會議論文「村上春樹の魅力――台湾の視点から見て」曾秋桂『第11回国際芥川龍之介学会台湾大会』P1-12jp國內淡水校園20160506~20160507否TWN第11回国際芥川龍之介学会台湾大会淡江大學, 台灣
29 107/1 日文系 曾秋桂 教授 會議論文 發佈 「エコフェミニズムの視点から読む村田沙耶香の『コンビニ人間』 ―学習型の人工知能AI的主人公の誕生について―」 , [107-1] :「エコフェミニズムの視点から読む村田沙耶香の『コンビニ人間』 ―学習型の人工知能AI的主人公の誕生について―」會議論文「エコフェミニズムの視点から読む村田沙耶香の『コンビニ人間』 ―学習型の人工知能AI的主人公の誕生について―」曾秋桂「2018年台湾日本語文学会年度大会」P211-218jp國內無20181215~20181215否TWN2018年台湾日本語文学会年度大会輔仁大學, 台灣
30 107/1 日文系 曾秋桂 教授 會議論文 發佈 「グローバル時代のエコフェミニズムの視点から読む津島佑子の『ヤマネコ・ドーム』―許しの文学の誕生―」 , [107-1] :「グローバル時代のエコフェミニズムの視点から読む津島佑子の『ヤマネコ・ドーム』―許しの文学の誕生―」會議論文「グローバル時代のエコフェミニズムの視点から読む津島佑子の『ヤマネコ・ドーム』―許しの文学の誕生―」曾秋桂「2018年台湾日本語教育学会年度大会」P98-105jp國內淡水校園20181201~20181201否TWN2018年台湾日本語教育学会年度大会淡江大學, 台灣
[第一頁][上頁]1234567[次頁][最末頁]目前在第 1 頁 / 共有 189 筆查詢結果