關鍵字查詢 | 類別:會議論文 | | 關鍵字:における

[第一頁][上頁]1234567[次頁][最末頁]目前在第 1 頁 / 共有 208 筆查詢結果
序號 學年期 教師動態
1 98/1 日文系 彭春陽 教授 會議論文 發佈 『夢十夜』の「第八夜」における運命の構図 , [98-1] :『夢十夜』の「第八夜」における運命の構図會議論文『夢十夜』の「第八夜」における運命の構図彭春陽2009年日本近代文學.語學.文化國際學術研討會「漱石在台灣」會議手冊zh_TW國內淡水校園20090919~20090919否TWN2009年日本近代文學.語學.文化國際學術研討會「漱石在台灣」新北市,台灣
2 108/2 英文系 小澤自然 副教授 會議論文 發佈 東アジア世界文学は存在しない?──英語圏ポストコロニアル文学の歴史から考える , [108-2] :東アジア世界文学は存在しない?──英語圏ポストコロニアル文学の歴史から考える會議論文東アジア世界文学は存在しない?──英語圏ポストコロニアル文学の歴史から考える小澤自然jp國際無20200211~20200211否JPN東アジアにおける世界文学の可能性目黒區,東京都,日本
3 108/1 日文系 葉 夌 助理教授 會議論文 發佈 村上春樹研究におけるAI導入 , [108-1] :村上春樹研究におけるAI導入會議論文村上春樹研究におけるAI導入葉夌jp國際無20191101~20191103是TWN第4回東アジア日本研究者協議会国際学術大会台北市,台灣
4 107/2 日文系 堀越和男 副教授 會議論文 發佈 CSCL 環境における日台遠隔授業参加者間の社会的相互作用 -「協働創作演劇」制作過程の学び- , [107-2] :CSCL 環境における日台遠隔授業参加者間の社会的相互作用 -「協働創作演劇」制作過程の学び-會議論文CSCL 環境における日台遠隔授業参加者間の社会的相互作用 -「協働創作演劇」制作過程の学び-堀越和男jp國際無20190713~20190713是JPN2019 年度日本語教育学会 第1回支部集会【北海道支部】北海道, 日本
5 107/2 日文系 曾秋桂 教授 會議論文 發佈 『騎士団長殺し』における「移動」―国境を越えたことの差異性 , [107-2] :『騎士団長殺し』における「移動」―国境を越えたことの差異性會議論文『騎士団長殺し』における「移動」―国境を越えたことの差異性曾秋桂2019年第8回村上春樹国際シンポジウム, p.120-127jp國際無20190720~20190722否TWN2019年第8回村上春樹国際シンポジウム北海道大学, 日本
6 107/1 日文系 施信余 副教授 會議論文 發佈 台湾大学生が日本、日本人、日本語に対するイメージ形成--イメージ形成要因の分析を中心に-- , [107-1] :台湾大学生が日本、日本人、日本語に対するイメージ形成--イメージ形成要因の分析を中心に--會議論文台湾大学生が日本、日本人、日本語に対するイメージ形成--イメージ形成要因の分析を中心に--施信余外語學習;學習動機;目標語言;形象形成;意識調查本研究旨在分析現今台灣大學生對於日本、日本人以及日語所抱持的意識想法,採用問卷調查方式,分別以〈主修日語〉、〈第二外語選修日語〉、〈第二外語選修日語以外語言〉之學習者為調查對象,於台灣北中南共五所大學實施調查,回收共739份問卷。問卷內容分為:〈個人背景資料〉、〈對日本、日本人、日語的印象相關設問〉、〈日語學習相關設問〉,從〈日本、日本人、日語在心中的形象〉、〈形象形成相關要素〉、〈日語學習的動機〉、〈日語的前瞻性〉等觀點進行交叉分析。結果如下:1.在台灣,所謂的次文化與日語及日本的形象形成具有重大關連性,並成為強烈的學習動機。2.關於日本形象之形成,日籍教師的影響力大於台籍教師。3.在日語學習方面,有重視實務性的傾向。透過上述分析,期可具體以數值呈現以往日語教師在教育現場所得到的模糊而籠統的感受,並提出能實際應用於教育現場的建言。jp國際無20181208~20181209是HKG第十二屆國際日本語教育‧日本研究研討會 「多言語世界における日本語教育の変遷」香港理工大學
7 96/1 日文系 彭春陽 教授 會議論文 發佈 「淡江大学における日本語教育及び大学院教育」 , [96-1] :「淡江大学における日本語教育及び大学院教育」會議論文「淡江大学における日本語教育及び大学院教育」淡江大學的日語教育及研究所教育彭春陽jp國際無20071202~20071202否JPN台湾における日本語教育の現状と課題東京外國語大學, 日本
8 107/2 日文系 蔡佩青 副教授 會議論文 發佈 近世における『西行物語』の継承と展開 , [107-2] :近世における『西行物語』の継承と展開會議論文近世における『西行物語』の継承と展開Reception and transmission of Saigyō Monogatari in early modern era蔡佩青jp國際無20190705~20190707否ESTThe Power of Song: Conference Commemorating 900th Anniversary of Saigyō’s BirthTallinn University, Republic of Estonia
9 107/2 日文系 王嘉臨 副教授 會議論文 發佈 村上春樹作品における移動する女性たち , [107-2] :村上春樹作品における移動する女性たち會議論文村上春樹作品における移動する女性たち王嘉臨2019年第8回村上春樹国際シンポジウム予稿集jp國際無20190720~20190721是JPN2019年第8回村上春樹国際シンポジウム日本北海道大學
10 107/1 日文系 葉 夌 助理教授 會議論文 發佈 村上春樹における自我への追求 , [107-1] :村上春樹における自我への追求會議論文村上春樹における自我への追求葉夌jp國際無20181215~20181215是TWN2018年台灣日本語文學會国際シンポジウム輔仁大學, Taiwan
11 107/1 日文系 葉 夌 助理教授 會議論文 發佈 村上春樹『騎士団長殺し』における職業画家とその語り , [107-1] :村上春樹『騎士団長殺し』における職業画家とその語り會議論文村上春樹『騎士団長殺し』における職業画家とその語り葉夌jp國際淡水校園20181201~20181201是TWN2018年台湾日本語教育国際シンポジウム淡江大学, Taiwan
12 107/1 日文系 葉 夌 助理教授 會議論文 發佈 村上春樹『騎士団長殺し』における北海道・東北の旅 , [107-1] :村上春樹『騎士団長殺し』における北海道・東北の旅會議論文村上春樹『騎士団長殺し』における北海道・東北の旅葉夌jp國際無20181026~20181028是JPN第3回東アジア日本研究者協議会国際学術大会京都リサーチパーク, Japan
13 107/1 歷史系 林呈蓉 教授 會議論文 發佈 日本精神・台湾魂:きりすと教ナショナリズムを例として , [107-1] :日本精神・台湾魂:きりすと教ナショナリズムを例として會議論文日本精神・台湾魂:きりすと教ナショナリズムを例として日本語林呈蓉無教會主義成長するアジアにおける教育と文化交流jp國際無20181208~20181208否JPN東アジア国際学術フォーラム山口大学吉田キャンパス, 日本
14 107/2 日文系 中村香苗 副教授 會議論文 發佈 参加者にとって「よい話し合い」とはー話し合いにおける「参加感」と「参加行為」の関係ー , [107-2] :参加者にとって「よい話し合い」とはー話し合いにおける「参加感」と「参加行為」の関係ー會議論文参加者にとって「よい話し合い」とはー話し合いにおける「参加感」と「参加行為」の関係ー中村香苗; 宇佐美洋; 嶋津百代本研究では,話し合いに参加した当事者のふり返りを通して,「よい話し合い」とは何かを再考する.まず,日本,中国,韓国からの学生を集め,毎回メンバーを替えて社会的なテーマで話し合いを3回行った.本研究では,3回目に同一グループになった3人の学生へのインタビューを通して,各学生がどのようなビリーフを形成し,それが3回目の話し合いの評価にどう影響したのかを検証する.分析の結果,3人とも「結論を出すこと」と「参加できること」がよい話し合いの鍵となっていた.しかし, どのようなプロセスで結論に到るべきか,「話し合いに参加する」とは誰のどんな⾏為を指すのかという点で3人の認識に齟齬があり,それが話し合いの満足度に影響していることも明らかになった.この結果を踏まえ,話し合いの訓練において,いかに参加者の情緒的側面も考慮に入れた指導や評価をするべきか,今後さらに検討を重ねる必要があることが示唆された.jp國際無20190316~20190317是JPN第43回社会言語科学会研究大会筑波大学, 日本
15 107/2 日文系 中村香苗 副教授 會議論文 發佈 Critical Content_Based Instructionを目指した会話授業ー多文化共生をテーマにー , [107-2] :Critical Content_Based Instructionを目指した会話授業ー多文化共生をテーマにー會議論文Critical Content_Based Instructionを目指した会話授業ー多文化共生をテーマにー中村香苗本発表では、近年アメリカや日本の外国語教育者の間で実践されている「内容重視の批判的言語教育(Critical Content-Based Instruction:以下CCBI)」(佐藤・高見・神吉・熊谷 2015)の理念を取り入れた会話授業の実践例を報告する。クリティカルアプローチを前提としたCCBIは、言語教育を単なる言葉のスキルや知識の学習と捉えるのではなく、より「公正で平等な社会」を作るための意識や思考、態度を培う「教育」と位置付けている。また、社会的な営みを通して自分自身の目的や用途にあった日本語を学び、自らのアイデンティティを表現し交渉できる「クリティカルな日本語使用者」になることも目標の一つとされている。  筆者は3年生の会話授業で「多文化共生」をテーマに、「日本の移民の現状と課題を理解し、台湾社会における移民やマイノリティの問題と比較し考える」ことを学習目標に掲げて授業を行った。本報告では1学期間の授業実践の中から、特に「在台日本人へのインタビュープロジェクト」と「なりきりスピーチコンテスト」という活動の実践例を紹介する。これらの活動を通して、学生たちの台湾に住む様々な立場の外国人への意識がどのように変化したのかを検証する。同時に、学生たちが相手との関係性の変化をいかに自分の日本語使用に反映させているのかも例証する。  CCBIにおいて、教師はただ知識を授ける者ではなく、学生と対等な立場で柔軟に多様な価値観を受け入れ、共に学んでいく姿勢が求められる。本発表では、筆者自身が教師としてどのような学びや反省があったのかも考察する。そして今後さらに効果的なCCBIの実践をするために、コースデザインや教室内外の活動における留意点も提言する。jp國際無20190315~20190315是TWN銘傳大學2019年國際學術研討會「教育國際化潮流趨勢下台灣日語教育之反思ー成效輿評鑑ー」銘傳大學桃園校園, 台灣
16 107/2 日本政經所 胡慶山 教授 會議論文 發佈 アメリカ国内法としての「台湾関係法」から国際化への提案 , [107-2] :アメリカ国内法としての「台湾関係法」から国際化への提案會議論文アメリカ国内法としての「台湾関係法」から国際化への提案胡 慶山アメリカ国内法としての「台湾関係法」から国際化への提案「日台の安全保障とCPTPP」學術研討會會議手冊結びとして:アメリカ国内法としての「台湾関係法」から国際化への提案 2004年に、東アジア・太平洋担当国務次官補のジェイムズ・アンドリュー・ケリー(James Andrew kelly)がアメリカ国会で台湾政策の核心的な原則に対して米国は台湾独立に支持せずと明言し、米国が定義した「現状」への片方変更にも支持しない。これに当たる「台湾関係法」の法理的定義では、「合衆国の法律が外国の国家、州、政府および類似の存在に言及し、関係する場合は、必ずその条文は台湾を含み、法律は台湾に適用されなければならない。」 米国大統領ジミー・カーター(Jimmy Carter)が「中華民国」の代表権を承認する前日に、「現状」を維持するという行政命令を発し、「米国、台湾と両国における現存、発効している協定と非正式協定は引き続き有効であり、政府部門は1979年1月1日から実施し、執行する。」 例えば、2018年6月に中国を代表する中国国家主席習近平は、米国国防部長ジェイムズ・マティス(James Mattis)米国防長官との会談で領土について、「祖先から受け継いだ領土は一寸たりとも失うことはできない」と語った。 中国は「現状」に対する認識が国家と党の必要から定義され、すなわち、中国における現状は南シナ海、台湾、尖閣諸島、琉球諸島、蔵南地区、外蒙古までに含まれている。 以上のように、今現在中国の代表でなくなった中華民国政府(台湾)、アメリカ国内法である「台湾関係法」を外国の国家として履行している米国、台湾が中国の一部であると主張しており、2005年に「国家分裂法」という国内法を制定した中華人民共和政府(中国)、三ヶ国から「現状」に対する定義から、もし台湾が国際法における主権国家にならないまま であれば、いわゆる米日豪新印における印インド太平洋戦略の安全保障と地域経済統合(台湾が日本の主導しているCPTPPに加入すべきこと)の中から、地域的集団自衛権を国際法における主権国家として行使することはできない。最後的に、台湾が一生懸命に追求する自由、民主主義、人権、法の支配と
17 107/2 日文系 廖育卿 副教授 會議論文 發佈 「台湾における茶道文化教育への実践報告ー淡江大学日本文化研究社を例としてー」 , [107-2] :「台湾における茶道文化教育への実践報告ー淡江大学日本文化研究社を例としてー」會議論文「台湾における茶道文化教育への実践報告ー淡江大学日本文化研究社を例としてー」廖育卿jp國際無20190315~20190315否TWN銘傳大學2019國際學術研討會「教育國際化潮流趨勢下台灣日語教育的反思ー成效與評鑑ー」銘傳大學, 台灣
18 107/2 日本政經所 胡慶山 教授 會議論文 發佈 東アジアの地域安全保障協力と日本――台湾からの視点 , [107-2] :東アジアの地域安全保障協力と日本――台湾からの視点會議論文東アジアの地域安全保障協力と日本――台湾からの視点東アジアの地域安全保障協力と日本――台湾からの視点胡慶山東アジアの地域安全保障協力と日本――台湾からの視点問題提起 まず、「東アジアにおける地域協力枠組み発展の政治過程(Political process of developing regional cooperation frameworks in East Asia)」という国際関係論に関する研究がどのような結論になっているのか。そして、東アジアの地域安全保障協力と日本については、どのように理解されるべきであろうか。なお、なぜ日本によるCPTPPへ台湾が加入しなければならないのか、ということを結びとする。jp國際淡水校園20190308~20190308否JPN「東アジアの地域ガバナンスと日本――20世紀国際関係史の視点」日台国際ワークショップ淡江大學守謙國際會議中心HC305, 台灣
19 107/1 日文系 王天保 助理教授 會議論文 發佈 台湾華語における“用”に関する一考察 , [107-1] :台湾華語における“用”に関する一考察會議論文台湾華語における“用”に関する一考察王天保jp國際無20181223~20181223是JPN日中対照言語学会第40回大会大阪産業大学梅田サテライト, 日本
20 107/1 日文系 落合由治 教授 會議論文 發佈 マルチモーダル領域における日本語研究の未来展望─AI自然言語処理研究への接続の観点から─ , [107-1] :マルチモーダル領域における日本語研究の未来展望─AI自然言語処理研究への接続の観点から─會議論文マルチモーダル領域における日本語研究の未来展望─AI自然言語処理研究への接続の観点から─落合由治jp國際無20181215~20181215是TWN2018台湾日本語文学国際シンポジウム台北, 台湾
21 107/1 日文系 落合由治 教授 會議論文 發佈 マルチモーダル領域における日本語研究の未来展望─AI自然言語処理研究への接続の観点から─ , [107-1] :マルチモーダル領域における日本語研究の未来展望─AI自然言語処理研究への接続の観点から─會議論文マルチモーダル領域における日本語研究の未来展望─AI自然言語処理研究への接続の観点から─落合由治jp國際無20181215~20181215是TWN2018台湾日本語文学国際シンポジウム台北, 台湾
22 106/2 日文系 落合由治 教授 會議論文 發佈 長編小説の語りにおける村上春樹作品の共鳴 , [106-2] :長編小説の語りにおける村上春樹作品の共鳴會議論文長編小説の語りにおける村上春樹作品の共鳴落合由治jp國際淡水校園20180526~20180527是TWN2018年第7回村上春樹国際シンポジウム台北, 台湾
23 107/1 日本政經所 徐浤馨 助理教授 會議論文 發佈 日米同盟の枠組みにおける安倍のインド太平洋戦略 , [107-1] :日米同盟の枠組みにおける安倍のインド太平洋戦略會議論文日米同盟の枠組みにおける安倍のインド太平洋戦略徐浤馨淡江大学日本政経研究所国際会議zh_TW國際淡水校園20181214~20181214否TWN「国際異文化ビジネスの進展―台湾と日本の連携より」 淡江大学日本政経研究所国際会議淡大守謙國際會議中心
24 106/2 日文系 曾秋桂 教授 會議論文 發佈 「日本語教育におけるリソース創新から見たMOOCS「非常村上春樹」の実践」 , [106-2] :「日本語教育におけるリソース創新から見たMOOCS「非常村上春樹」の実践」會議論文「日本語教育におけるリソース創新から見たMOOCS「非常村上春樹」の実践」曾秋桂『2018年度第33回国際学術大会』P16-22jp國際無20180428~20180428否TWN韓国日語教育学会韓國
25 107/1 日本政經所 胡慶山 教授 會議論文 發佈 環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP)の戦略的意義について , [107-1] :環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP)の戦略的意義について會議論文環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP)の戦略的意義について胡慶山環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP)の戦略的意義について「一緒に世界の風を読もう 国際異文化ビジネスの進展 台湾と日本の連携より」淡江大学日本政経研究所国際会議日本の野太郎外相は、中華民国政府(台湾)の住民投票 で日本の5県 の食品輸入禁止を遺憾したことを明らかにした。また、河野氏は、中華民国政府(台湾)が太平洋・太平洋パートナーシップ包括的進歩協定(CPTPP)に加わることを希望しているが、「このような状況のため、参加できなくなることは非常に残念だ」と述べた。日本政府関係者は、中華民国政府(台湾)が5県の食品輸入禁止を持ち上げることでCPTPPに参加できなくなるという立場を表明したのはこれが初めてである 。 河野氏は、記者会見で、中華民国政府(台湾)の住民投票で日本の5県の食品輸入禁止措置について尋ねられた際に、日本が世界貿易機関(WTO)へ訴えを提起する進展について、食糧制限が科学的根拠に確立されたルールであり、日本はこれまでにいろいろな情報を中華民国政府(台湾)に提供してきており、今日の状況になってしまい、それは非常に残念だとしか言えないし、 WTO規則に違反した場合、日本は中華民国政府(台湾)への訴えを除外しないと述べた 。 ここにおいては、「アジア太平洋地域における多国間経済協力フレームワーク」、「TPPからCPTPPへの戦略」、「TPPからCPTPPへの「透明性」戦略」、「RECP・一帯一路・太平洋同盟の戦略」、「CPTPPの発効に対する期待の戦略」、「アメリカのCPTPPへの戦略的思考」、「日本のCPTPPへの戦略的思考」、「台湾の見方からCPTPPの戦略的意義について」を結びに代えていくこととする。jp國際淡水校園20181214~20181214否JPN淡江大学日本政経研究所国際会議 「国際異文化ビジネスの進展~台湾と日本の連携より~」淡江大學淡水校園守謙國際會議中心HC305,306,307
26 106/2 日文系 曾秋桂 教授 會議論文 發佈 『騎士団長殺し』における絵画への「共鳴」--小田原滞在中創作した4枚の絵を中心に-- , [106-2] :『騎士団長殺し』における絵画への「共鳴」--小田原滞在中創作した4枚の絵を中心に--會議論文『騎士団長殺し』における絵画への「共鳴」--小田原滞在中創作した4枚の絵を中心に--曾秋桂『2018年第7回村上春樹国際シンポジウム』P150-157zh_TW國內無20180526~20180527否TWN2018年第7回村上春樹国際シンポジウム淡江大學
27 107/1 日文系 中村香苗 副教授 會議論文 發佈 UNOにおけるルール交渉ー参与者間の知識差と相互行為的「チーム」形成 , [107-1] :UNOにおけるルール交渉ー参与者間の知識差と相互行為的「チーム」形成會議論文UNOにおけるルール交渉ー参与者間の知識差と相互行為的「チーム」形成中村香苗会話分析;ルール交渉;UNO;相互行為的チーム第42回社会言語科学研究大会発表論文集本研究では,UNOの遊び場面の録画をもとに,複数の参与者間でのルール調整が相互行為としてどのように組織立てられているのかを探究する.データとして大学生4,5人にUNOで遊んでもらったところ,どのグループもゲーム開始前あるいは途中で必ずルール調整のやりとりが起こった.分析では3つの例に焦点を当てて,ルール調整開始から終了までの過程を,特に参与者のUNOの習熟度が会話の参与枠組みにどう影響するのか,さらにルールを共有している者同士の「チーム」としてのふるまいが交渉の展開にどう関わるのかに注目して分析する.その結果,1)知識のない者は交渉に参与しない,あるいは参与させてもらえないこと,2)参与者間で知識に偏りがある場合,チームトークは知識の権威性を示し相手を強く説得する実践となること,3)知識に偏りがない場合,最終的には先にチームを形成した方のルールが採用となることが明らかになった.jp國際無20180922~20180923是JPN第42回社会言語科学研究大会 p.73-76広島大学
28 106/2 日文系 落合由治 教授 會議論文 發佈 台湾における日本語とその表現文化の機能─海外文化に対するグローカル化の成功事例として─ , [106-2] :台湾における日本語とその表現文化の機能─海外文化に対するグローカル化の成功事例として─會議論文台湾における日本語とその表現文化の機能─海外文化に対するグローカル化の成功事例として─落合由治日本比較文化學會第40回全國大會論文集jp國際無20180512~20180512是JPN日本比較文化學會第40回全國大會高知大學
29 106/2 日文系 落合由治 教授 會議論文 發佈 グローバル化時代における文化融合複体の構築 , [106-2] :グローバル化時代における文化融合複体の構築會議論文グローバル化時代における文化融合複体の構築落合由治韓国日本語文学会論文集jp國際無20180421~20180421是KOR韓国日本語文学会韓國大邸
30 106/1 日文系 落合由治 教授 會議論文 發佈 表現史から見た日本語MOOCS の位置付け , [106-1] :表現史から見た日本語MOOCS の位置付け會議論文表現史から見た日本語MOOCS の位置付け落合由治2017年第11回OPI国際シンポジウム台湾大会─双方向教育における教師と学生のあり方論文集jp國際淡水校園20170804~20170805是TWN2017年第11回OPI国際シンポジウム台湾大会─双方向教育における教師と学生のあり方淡江大學
[第一頁][上頁]1234567[次頁][最末頁]目前在第 1 頁 / 共有 208 筆查詢結果