關鍵字查詢 | 類別:期刊論文 | | 關鍵字:近代日本における進化概念の受容とその変貌

[第一頁][上頁]1[次頁][最末頁]目前在第 1 頁 / 共有 01 筆查詢結果
序號 學年期 教師動態
1 105/1 日文系 落合由治 教授 期刊論文 發佈 近代日本における進化概念の受容とその変貌─学界とメディア界の言説資料から─ , [105-1] :近代日本における進化概念の受容とその変貌─学界とメディア界の言説資料から─期刊論文近代日本における進化概念の受容とその変貌─学界とメディア界の言説資料から─落合由治進化;近代日本;受容;メディア;大衆社会;進化;近代日本;受容、變容;媒體;大眾社會|evolution;modern Japan;acceptance;media;mass society日本論叢 34,頁45-69本論文では、近代日本における進化概念の社会的受容の広がりを知るために、メディアの資料を使用して、以下の手順で近代日本社会での進化概念の受容とその変貌を事例研究の形で跡づけてみた。事例資料として『読売新聞』データベース「ヨミダス歴史館」(以下、『読売』)を用い、明治期(1879~ 1912)、大正期(1912~ 1926)125、昭和戦前期(1926~ 1945)、昭和戦後期(1945~ 1986)の「進化」関係記事を取り上げた。その結果、近代日本の大衆社会での「進化」概念の受容は、昭和戦前期までは社会進化論が主流で、昭和戦後期から初めて生物学関係の進化が中心になったことが分かった。従来の思想研究では、思想家だけに対象を限定して思想の発展等を理解してきたが、今回の社会的受容の点から見ると思想家の思想紹介と社会的受容は直接の対応関係にはなく、社会への受容過程は異なった視点で考える必要があることが窺える。 本論文目的為了探知近代日本進化概念如何在當時社會被接受,又如何被轉變?將藉由使用媒體報導資料,以案例研究之方式來進行剖析近代日本社會中之進化概念的受容與變容。取材於《讀賣新聞》資料集中之「讀賣資料歷史觀」(以下簡稱《讀賣》)。其中包含了明治期(1879~ 1912)、大正期(1912~ 1926)、昭和戦前期(1926~ 1945)、昭和戦後期(1945~ 1986)等,有關「進化」之相關報導。考察分析結果顯示:遍及於近代日本大衆社會中之「進化」概念,至昭和戰爭前期皆以社會進化論為主流,昭和戰爭後期開始才以生物學相關的進化為主軸開始發展。一般所謂的思想研究範疇,大都限定於某位思想家來了解其思想以及其思想上的種種轉變。而本次則採取從社會層面來觀察且應證出一點,即是某位思想家之思想紹介與社會上受容並非是處於直接對應之關係,於是給予該社會之影響(受容、變容)過程,有必要從不同的思維角度,來進行深度觀
[第一頁][上頁]1[次頁][最末頁]目前在第 1 頁 / 共有 01 筆查詢結果