關鍵字查詢 | 類別:期刊論文 | | 關鍵字:を中心に―

[第一頁][上頁]1[次頁][最末頁]目前在第 1 頁 / 共有 15 筆查詢結果
序號 學年期 教師動態
1 109/1 日文系 葉 夌 助理教授 期刊論文 發佈 村上春樹『騎士団長殺し』における絵画 ―回復との関係を中心に― , [109-1] :村上春樹『騎士団長殺し』における絵画 ―回復との関係を中心に―期刊論文村上春樹『騎士団長殺し』における絵画 ―回復との関係を中心に―葉夌絵画;回復;他者;自己認識;暴力性《台灣日本語文學報》 48, p.51 - 74『騎士団長殺し』は「絵を描く」ことを職業にする画家を主人公とする作品である。これまで特権化されてきた「文章を書く」ことがとって変わられたのは「自己療養」に関わると考えられる。生活のために肖像画を専門とする画家となった「私」は、自分のかつて目指した抽象画が描けなくなってくる。これは「私」の健全な結婚生活に関係するものである。結婚生活に不満を感じない「私」は「自分のための絵画」を描く意欲を失ってしまう。「自己療養」をする必要のない「私」は「自己療養」の手段である「自分のための絵画」が描けないのも当然の結果である。免色という他者を受け入れることによって、自分の暴力性を認識した「私」は「自分のための絵画」を完成する。したがって、喪失からの回復もなり遂げる。これは恰も「騎士団長殺し」を描いた雨田具彦と同じようなプロセスである。『騎士団長殺し』において、暴カは死をもたらすカとともに、生に繋がる力でもある。「騎士団長殺し』における絵画は未来を繋ぐものだと考えられる。jp國內THCI Core;是TWN
2 105/1 日文系 曾秋桂 教授 期刊論文 發佈 ネイチャーライティングの観点から読み解く石牟礼道子『苦海浄土』―故郷との対話を中心に― , [105-1] :ネイチャーライティングの観点から読み解く石牟礼道子『苦海浄土』―故郷との対話を中心に―期刊論文ネイチャーライティングの観点から読み解く石牟礼道子『苦海浄土』―故郷との対話を中心に―曾秋桂比較文化研究 124jp國內否TWN
3 104/2 日文系 曾秋桂 教授 期刊論文 發佈 エコクリティシズムから読むポスト3・11文学作品―多和田葉子『献灯使』を中心に― , [104-2] :エコクリティシズムから読むポスト3・11文学作品―多和田葉子『献灯使』を中心に―期刊論文エコクリティシズムから読むポスト3・11文学作品―多和田葉子『献灯使』を中心に―從生態批評主義閱讀後311 文學作品—以多和田葉子《獻燈使》為例曾秋桂多和田葉子;《獻燈使》;生態批評主義;後311;核災;Tawada Yoko;"Kentoushi";eco-criticism;post 311;nuclear power plant disaster台灣日本語文學報 39, 頁1-23本論文主要是分析311 之後刊行的日本文學作品之一的多和田葉子《獻燈使》(2014.10 講談社出版)。鎖定於作品中描繪之震災状況以及作者多和田葉子為何311 發生之後一路持續不懈致力於震災主題描寫之意圖。分析手法是依據生態批評主義中常被沿用之「環境思想中從以人類為中心主義轉移至以環境為中心之主義」、「以人類為中心主義之解體與環境為中心主義」主張為論述之骨幹,嘗試依此當作後311 時代所需之環境為中心主義之觀點來分析文本《獻燈使》。並從中探索作者多和田葉子對於震災.核災議題的關心以及將之實踐於文學作品的理念。業經考察所得出的結果顯示:作者勾勒暴露於輻射之下的日本島國的近未來的悲慘命運,是繼「不死之島」問世之後維持一貫關注核災議題的延伸。作者希望透過書寫核災呼籲日本國民意識到日本正面臨著嚴峻議題考驗的局面,才完成此寓言式《獻燈使》的創作。寓言式《獻燈使》的閱讀方式之外,還必須能窺得出作者的用意在於昭告世人:若不藉由正視環境課題而進行近代人類為中心主義的解構,當今人類所處的現代文明社會不免難逃因環境激烈變化而招致生存滅亡的浩劫危機。jp1727-2226國內否TWN
4 103/2 日文系 曾秋桂 教授 期刊論文 發佈 「トポロジーとしての「故郷」の視点から試みる日本原発文学―水上勉の『故郷』を中心に― , [103-2] :「トポロジーとしての「故郷」の視点から試みる日本原発文学―水上勉の『故郷』を中心に―期刊論文「トポロジーとしての「故郷」の視点から試みる日本原発文学―水上勉の『故郷』を中心に―曾秋桂台湾日本語文学報 37,頁1-23jp1727-2262國內否TWN
5 103/1 日文系 曾秋桂 教授 期刊論文 發佈 エコクリティシズムから読む日本原発文学―311を境に見る未来像を描いた「隣りの風車」と「不死の島」を中心に― , [103-1] :エコクリティシズムから読む日本原発文学―311を境に見る未来像を描いた「隣りの風車」と「不死の島」を中心に―期刊論文エコクリティシズムから読む日本原発文学―311を境に見る未来像を描いた「隣りの風車」と「不死の島」を中心に―曾秋桂淡江大學日本語文學系台灣日語教育學會台灣日語教育學報 23,頁118-136tku_id: 000095686;Submitted by 秋桂 曾 (ochiai@mail.tku.edu.tw) on 2015-02-23T13:09:46Z&#x0D; No. of bitstreams: 0;Made available in DSpace on 2015-02-23T13:09:46Z (GMT). No. of bitstreams: 0ja1993-7423國內TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/100301</url></record></links>
6 102/1 日文系 廖育卿 副教授 期刊論文 發佈 森鷗外『青年』試論―小泉純一の「夢」に現れた女性達を中心に― , [102-1] :森鷗外『青年』試論―小泉純一の「夢」に現れた女性達を中心に―期刊論文森鷗外『青年』試論―小泉純一の「夢」に現れた女性達を中心に―試論森鷗外之《青年》:小泉純一「夢」中的女性廖育卿淡江大學日本語文學系新北市:淡江大學日本語文學系淡江日本論叢 28,頁47-68森鷗外自小倉時期回歸後的代表性長篇小說《青年》,自發表以來便飽受失敗的「模倣作」之負評。本論文探討在《青年》作品中,於小泉純一的「夢」裡出現之三位女性的「表情」,經由她們帶給小泉五感上的刺激,釐清在其「夢」中出現的女性定位。首先,透過與小泉純一初次見面的分析,勾勒出小雪(お雪さん)、坂井夫人及阿茶(おちゃら)的「表情」輪廓,再以三位女性所表現出的五感誘惑為媒介,確認小泉純一對女性的渴望來源。例如,小泉純一並非受到坂井夫人直接的誘惑,而是先從視覺上的刺激,進而被她漸漸傳達來的聽覺、觸覺、嗅覺以及味覺所魅惑,最後才有了肉體關係。接著援用笛卡兒的『情念論』,探討主角純一內心的情慾世界。在「精神的被動性」與「精神的主動性」(知覺與意志)的相互作用之下,梳理出他對於坂井夫人的複雑情感的脈絡。最後,套用佛洛伊德及榮格的「夢境分析」理論,從小泉純一的夢中所出現的女性順序,檢視純一對這三位女性真正的喜惡,亦再次確認他心靈深處理想的女性形象。;“Seinen”, published after Mori Ogai's return to Tokyo from Kokura, is one of his famous novels but always criticized as a poor mimic. Focusing on the three heroines' “facial expressions” appearing in Junichi Koizumi's dream, this study explores the significance of the sensual stimulation of five senses that Oyuki, Lady Sakai and Ochara brought to him. First, the outlines of Oyuki, Lady Sakai and Ochara are sketched out through the analyses of
7 98/1 日文系 曾秋桂 教授 期刊論文 發佈 漱石文学における「風」の形象―初期作品『吾輩は猫である』と『漾虚集』を中心に― , [98-1] :漱石文学における「風」の形象―初期作品『吾輩は猫である』と『漾虚集』を中心に―期刊論文漱石文学における「風」の形象―初期作品『吾輩は猫である』と『漾虚集』を中心に―曾秋桂淡江大學日本語文學系學習動機; 第二語言焦慮; 共分散構造分析; motivation; second language anxiety; covariance structure analysis台北市:台灣日語教育學會台灣日語教育學報 13,頁31-60已補正 by 惠縈;tku_id: 000095686;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0;2014-01-03 補正完成 by 郁欣ja1993-7423國內TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/58152</url></record></links>
8 87/1 日文系 落合由治 教授 期刊論文 發佈 接続詞の用法記述に関する一考察―「そして」と「それから」を中心に― , [87-1] :接続詞の用法記述に関する一考察―「そして」と「それから」を中心に―期刊論文接続詞の用法記述に関する一考察―「そして」と「それから」を中心に―以「そして」「それから」為中心之接續詞表現用法之考察落合由治; Ochiai, Yu-ji淡江大學日本語文學系日本語教育;習作課程;作文指導;接續詞用法;添加;並列接續詞;依據前後文章關係之表現臺北縣:淡江大學外語學院淡江外語論叢 1,頁103-12320130307-補正完成 by yuchi;tku_id: 000098194;Made available in DSpace on 2013-03-12T04:08:45Z (GMT). No. of bitstreams: 0jp1562-7675國內否TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/29165</url></record></links>
9 101/1 日文系 江雯薰 教授 期刊論文 發佈 時間副詞に関する一考察―「即時性」を表す副詞を中心に― , [101-1] :時間副詞に関する一考察―「即時性」を表す副詞を中心に―期刊論文時間副詞に関する一考察―「即時性」を表す副詞を中心に―A Study of Japanese Time Adverbs - Focusing on Adverbs that Express“Immediacy”江雯薰; Chiang, Wen-shun淡江大學日本語文學系日本比較文化学会比較文化研究 105,頁71-81This study focuses on adverbs that express “immediacy”: “sugu,” “sikyuu,” “tadachini,” and “tachimachi.” These adverbs are examined according to their sentence-final predicate forms, volitive modality, point of view, whether or not the situation they refer to has already been realized, and whether or not they can be used in a negative sentence. We conclude that sentences which use these four adverbs are all time-restricted, the sentence-final predicate must contain motion and telicity, and most of these adverbs are used to express the beginning of an action or transformation. Similarities and differences are : “sugu,” and “tachimachi” may be used to convey the nature or qualities of people or animals, which are not limited by time ; “sugu,” “sikyuu,” and “tadachini,” mostly appear in the volitive
10 97/2 日文系 廖育卿 副教授 期刊論文 發佈 明治期の〈黄禍論〉言説に見た森鷗外―講演「人種哲学梗概」と「黄禍論梗概」を中心に― , [97-2] :明治期の〈黄禍論〉言説に見た森鷗外―講演「人種哲学梗概」と「黄禍論梗概」を中心に―期刊論文明治期の〈黄禍論〉言説に見た森鷗外―講演「人種哲学梗概」と「黄禍論梗概」を中心に―廖育卿淡江大學日本語文學系熊本大学社会文化研究 7tku_id: 000135990;Made available in DSpace on 2011-10-24T01:43:23Z (GMT). No. of bitstreams: 0ja<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/71948</url></record></links>
11 94/2 日文系 施信余 副教授 期刊論文 發佈 日本語母語話者による「依頼・断り」のコミュニケーションに関する一考察―依頼側と被依頼側の間にみられる相互作用を中心に― , [94-2] :日本語母語話者による「依頼・断り」のコミュニケーションに関する一考察―依頼側と被依頼側の間にみられる相互作用を中心に―期刊論文日本語母語話者による「依頼・断り」のコミュニケーションに関する一考察―依頼側と被依頼側の間にみられる相互作用を中心に―施信余淡江大學日本語文學系早稲田大学日本語教育研究 8,頁51-62tku_id: 000133200;Made available in DSpace on 2011-10-24T01:41:17Z (GMT). No. of bitstreams: 0ja<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/71936</url></record></links>
12 91/2 日文系 江雯薰 教授 期刊論文 發佈 時間従属節の一系列―「イライ」を中心に― , [91-2] :時間従属節の一系列―「イライ」を中心に―期刊論文時間従属節の一系列―「イライ」を中心に―江雯薰淡江大學日本語文學系時間従属節日本岡山大学文学部言語国語国文学会岡大国文論稿 31,頁170-178Submitted by 雯薰 江 (wenshun@mail.tku.edu.tw) on 2011-10-20T02:13:20Z No. of bitstreams: 1 irai.pdf: 251483 bytes, checksum: e4cb1ff7a838616e20492edb574ceb5a (MD5);Made available in DSpace on 2011-10-20T02:13:21Z (GMT). No. of bitstreams: 1 irai.pdf: 251483 bytes, checksum: e4cb1ff7a838616e20492edb574ceb5a (MD5);tku_id: 000120556ja國外<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/63993</url></record></links>
13 96/2 日文系 田世民 副教授 期刊論文 發佈 懐徳堂における儒教儀礼の受容―中井家の家礼実践を中心に― , [96-2] :懐徳堂における儒教儀礼の受容―中井家の家礼実践を中心に―期刊論文懐徳堂における儒教儀礼の受容―中井家の家礼実践を中心に―田世民淡江大學日本語文學系大阪大学大学院文学研究科文学部懐徳堂センター懐徳堂センター報 2008,頁3-23Submitted by 世民 田 (tshihmin@mail.tku.edu.tw) on 2011-10-12T02:11:17Z No. of bitstreams: 0;Made available in DSpace on 2011-10-12T02:11:18Z (GMT). No. of bitstreams: 0;tku_id: 000133422ja國外田世民<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/60094</url></record></links>
14 99/1 日文系 施信余 副教授 期刊論文 發佈 台湾の大学における日本語作文指導に関する一考察―淡江大学の実態調査を中心に― , [99-1] :台湾の大学における日本語作文指導に関する一考察―淡江大学の実態調査を中心に―期刊論文台湾の大学における日本語作文指導に関する一考察―淡江大学の実態調査を中心に―A study of Japanese composition guidance at university in Taiwan: based on the investigation of actual conditions in Tamkang University施信余; 江雯薰淡江大學日本語文學系日本比較文化學會比較文化研究=Studies in comparative culture 94, pp.145-156tku_id: 000120556; 000133200jp0914-0247國外否JPN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/58145</url></record></links>
15 99/1 日文系 江雯薰 教授 期刊論文 發佈 台湾の大学における日本語作文指導に関する一考察―淡江大学の実態調査を中心に― , [99-1] :台湾の大学における日本語作文指導に関する一考察―淡江大学の実態調査を中心に―期刊論文台湾の大学における日本語作文指導に関する一考察―淡江大学の実態調査を中心に―A study of Japanese composition guidance at university in Taiwan: based on the investigation of actual conditions in Tamkang University施信余; 江雯薰淡江大學日本語文學系日本比較文化學會比較文化研究=Studies in comparative culture 94, pp.145-156tku_id: 000120556; 000133200jp0914-0247國外否JPN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/58145</url></record></links>
[第一頁][上頁]1[次頁][最末頁]目前在第 1 頁 / 共有 15 筆查詢結果