關鍵字查詢 | 類別:期刊論文 | | 關鍵字:へ―

[第一頁][上頁]1[次頁][最末頁]目前在第 1 頁 / 共有 03 筆查詢結果
序號 學年期 教師動態
1 107/1 日文系 葉 夌 助理教授 期刊論文 發佈 村上春樹文学における地震 ――『神の子どもたちはみな踊る』から『騎士団長殺し』へ―― , [107-1] :村上春樹文学における地震 ――『神の子どもたちはみな踊る』から『騎士団長殺し』へ――期刊論文村上春樹文学における地震 ――『神の子どもたちはみな踊る』から『騎士団長殺し』へ――村上春樹文學中的地震-從《神的孩子都在跳舞》到《刺殺騎士團長》葉夌地震;暴力;原発;家族;次世代;地震;暴力;核能發電 ;家族;次世代|Earthquake;Violence;Nuclear;Family;The next generation台灣日語教育學報 31,頁195-2241995年に起きた阪神淡路大震災は村上春樹の故郷である神戸に大きな被害を与えている。家族、故郷への思い出を含みながら、村上春樹はそれをモチーフにして2000年に『神の子どもたちはみな踊る』を上梓している。人間は如何にして地震がもたらす暴力に対処するかという問題が、『神の子どもたちはみな踊る』に隠れている。一方、2011年に東日本大震災が起きた後、村上春樹は原発について否定的にコメントし続けている。そして、東日本大震災はようやく2017年に出版された『騎士団長殺し』に取り入れられている。村上春樹は、日本に大きな震撼を与えた二つの地震を日本が洗練された国家となるための試練と見ている。しかし、日本という国家のシステムはまだ上手く対応しきれていないと村上春樹は考えている。こうして、地震の後、人間は自立するしかない。また、家族への責任を背負わなければならない。さらに、血縁を超えて次世代への責任を果たせる存在として成長する必要があると両作品に繰り返し語られている。jp1993-7423國內是TWN
2 99/2 日文系 內田康 副教授 期刊論文 發佈 村上春樹初期作品における〈喪失〉の構造化―「直子」から、「直子」へ― , [99-2] :村上春樹初期作品における〈喪失〉の構造化―「直子」から、「直子」へ―期刊論文村上春樹初期作品における〈喪失〉の構造化―「直子」から、「直子」へ―村上春樹初期作品中的<喪失>構造—從「直子」,到「直子」內田康直子;隨行者;表層喪失;深層喪失;城市及那不確定的牆壁淡江日本論叢 23,頁81-106在村上春樹早期作品《1973年的彈珠玩具》與《挪威的森林》當中,都有名為「直子」的少女以不同形態登場。本論文企圖透過追究早期村上作品中被認定的「直子」系譜,來釐清這位作家在文學創作出發點上的特色。論文當中,首先將村上展開作家活動後的10年間所發表的作品,以長篇為主分為三類:「四部曲」系列、「挪威」系列、「世界末日」系列之後,再過濾出呈現「隨行者」、「表面喪失」、「深層喪失」等三種與男主角「我」有關的女性類型。分析過程中特別談到,透過「默說法」來強調其深刻性的「直子」才是真正體現「深層喪失」的存在。此外,透過探討被作家親手「封印」的中篇作品<城市及那不確定的牆壁>可知,這部嘗試要直接面對「深層喪失」的「直子」的作品並未成功,而構成這部作品的要素當中,關於作者世界觀的部份後來被《世界末日與冷酷異境》所繼承,而「喪失」的主題則是被《挪威的森林》所繼承。jp2705-356X國內內田康是TWN
3 99/1 日文系 曾秋桂 教授 期刊論文 發佈 異文化接触による物語変容―『白蛇伝』から『崖の上のポニョ』へ― , [99-1] :異文化接触による物語変容―『白蛇伝』から『崖の上のポニョ』へ―期刊論文異文化接触による物語変容―『白蛇伝』から『崖の上のポニョ』へ―Transformation of Story by Contact of the Different Cultures ― From ‘Hakujyaden’ to ‘Head of a cliff’s Ponyo’曾秋桂淡江大學日本語文學系日本比較文化學會比較文化研究=Studies in comparative culture 94,頁197-212tku_id: 000095686jp0914-0247<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/58147</url></record></links>
[第一頁][上頁]1[次頁][最末頁]目前在第 1 頁 / 共有 03 筆查詢結果