關鍵字查詢 | 類別:期刊論文 | | 關鍵字:と

[第一頁][上頁]123456789...[次頁][最末頁]目前在第 9 頁 / 共有 449 筆查詢結果
序號 學年期 教師動態
241 86/2 日文系 鍾慈馨 講師 期刊論文 發佈 日本語自動詞文、他動詞文における動詞と名詞項との関わりの問題 , [86-2] :日本語自動詞文、他動詞文における動詞と名詞項との関わりの問題期刊論文日本語自動詞文、他動詞文における動詞と名詞項との関わりの問題鍾慈馨淡江大學日本語文學系台北縣:淡江大學日本語文學系淡江日本論叢=Tamkang Japanese Journal 7,頁273-292201304013 已補正 by yuchi;tku_id: 000096244;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0ja2705-356X國內TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/29299</url></record></links>
242 92/1 日文系 曾秋桂 教授 期刊論文 發佈 健三にとっての「母なるもの」―『道草』に隠蔽された漱石の心境― , [92-1] :健三にとっての「母なるもの」―『道草』に隠蔽された漱石の心境―期刊論文健三にとっての「母なるもの」―『道草』に隠蔽された漱石の心境―從健三心中潛藏對母性的欽慕,來探索隱藏在作品中漱石的心境曾秋桂淡江大學日本語文學系台北市:台灣日語教育學會台灣日本語教育論文集 7,頁227-254已補正 by 惠縈;tku_id: 000095686;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0;2014-01-03 補正完成 by 郁欣ja1993-7423國內TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/29245</url></record></links>
243 82/2 日文系 曾秋桂 教授 期刊論文 發佈 「風流」の一考察- 漱石と鷗外を中心に- , [82-2] :「風流」の一考察- 漱石と鷗外を中心に-期刊論文「風流」の一考察- 漱石と鷗外を中心に-以一詞、來比較森鷗外與漱石認知之異同曾秋桂淡江大學日本語文學系台北市:台灣日語教育學會台灣日本語教育論文集 創刊號,頁51-75已補正 by 惠縈;tku_id: 000095686;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0;2014-01-03 補正完成 by 郁欣zh_TW1993-7423國內否TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/29249</url></record></links>
244 99/2 日文系 曾秋桂 教授 期刊論文 發佈 語り手のトリックから解く村上春樹『1Q84』--牛河という人物を中心に , [99-2] :語り手のトリックから解く村上春樹『1Q84』--牛河という人物を中心に期刊論文語り手のトリックから解く村上春樹『1Q84』--牛河という人物を中心に以「牛河」與敘述者所設計的機關來解讀村上春樹《1Q84》=Haruki Murakami's '1Q84' Deciphered from Narrator's Tricks: From View Point of the Person Named Ushikawa曾秋桂淡江大學日本語文學系《1Q84》;「牛河」;機關;漱石《直至彼岸》;「立體的描繪」;'1Q84';Ushikawa;trick;'Higansugimade';three-dimensional description台北縣:台灣日本語文學會台灣日本語文學報 29,頁 3-27村上春樹最新作品《IQ84》(BOOK1、BOOK2、BOOK3)分成三冊,於2009、2010兩年間發行,單2009年一年,長年不景氣的日本出版界,因為該書的發行而業績長虹,而在日本的社會也引發一陣瘋狂、騷動。就小說的構成而言,BOOK1、BOOK2的奇數章與偶數章各自敘述著男女主角天吾、青豆的故事,而BOOK3則步加入一位名為「牛河」的主角,展開三邊鼎立局面,然而心加入的主角「牛河」卻於中途被殺身亡。遭逢如此境遇的「牛河」的出現,又到底代表甚麼樣的意義呢。為究明此疑問,貫通BOOK1、BOOK3、BOOK3閱讀之後,發現敘述者於作品中設計了「時間結構」與「主要人物配置」兩個機關。從敘述者所設計的「時間結構」與「主要人物配置」兩個機關中,釐清《1Q84》之所以能富有偵探小說風格的小說,主要是主角「牛河」連結了所有的片斷,是一位作品中不可或缺的重要人物,進而透過與漱石偵探小說風格的小說《直至彼岸》(1912)相比較,也察覺出被夙稱「80年代的漱石」的材上春樹《1Q84》中,亦有漱石嘗試使用的「立體的描繪」、「偵探小說風格的遣詞用句」、「連結於偵探後的戀愛故事」等3種手法,特別是「立體的描繪」,可謂是常用二元對立方式描繪的材上春樹文學上的一大突破性的進展。201304015 已補正 by yuchi;tku_id: 000095686;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstream
245 97/1 日文系 曾秋桂 教授 期刊論文 發佈 歴史小説としての張文環『地に這うもの』--二つの歴史的事件に遭った台湾人の表象 , [97-1] :歴史小説としての張文環『地に這うもの』--二つの歴史的事件に遭った台湾人の表象期刊論文歴史小説としての張文環『地に這うもの』--二つの歴史的事件に遭った台湾人の表象從歷史小說觀點閱讀張文環《滾地郎》一書中,反映出遭逢兩大歷史事件的臺灣人表徵=Zhang Wen-huan's "Chini haumono" as a Historical Novel: Representation of Taiwanese Who Encountered Two Historical Events曾秋桂淡江大學日本語文學系台北縣:台灣日本語文學會台灣日本語文學報 24,頁59-83201304015 已補正 by yuchi;tku_id: 000095686;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0jp1727-2262國內否TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/58148</url></record></links>
246 98/1 日文系 曾秋桂 教授 期刊論文 發佈 宮崎駿アニメーション作品の社会文化的形象─「老女」と「少女」の力関係を軸に─ , [98-1] :宮崎駿アニメーション作品の社会文化的形象─「老女」と「少女」の力関係を軸に─期刊論文宮崎駿アニメーション作品の社会文化的形象─「老女」と「少女」の力関係を軸に─由「年老女性」以及「少女」觀察日本宮崎駿動畫中之社會文化形象=The social cultural form of the Miyazaki Hayao animation film work; mainly with a power relationship of "old woman" and "girl"曾秋桂淡江大學日本語文學系宮崎駿動畫;年老女性;少女;共生;《崖上的波妞》;Miyazaki animation;old woman;girl;symbiosis;"PONYO on the cliff"台北縣:台灣日本語文學會台灣日本語文學報 26,頁 21-45Miyazaki Hayao has felt enter an old age of 67 years old by the latest work ”PONYO on the cliff”. The life of old women is a main theme of ”PONYO on the cliff”. This paper has elucidated the structure of the social cultural context from the social cultural climate of East Asia about ”the aging” and ”the youth” of ”woman” on Miyazaki animation. A power relationship with an old woman and a girl has three types as ”protection”, ”from opposition to reconciliation” and ”to the symbiosis which passed through reconciliation from opposition” on 9 animations of a original work, scenario and director work by Miyazaki. There are a lo
247 93/1 日文系 曾秋桂 教授 期刊論文 發佈 『行人』の再読--夫婦と女性の生き方のもうーつの可能性への示唆 , [93-1] :『行人』の再読--夫婦と女性の生き方のもうーつの可能性への示唆期刊論文『行人』の再読--夫婦と女性の生き方のもうーつの可能性への示唆夏目漱石《行人》中提示了另一種女性〈共生共榮〉式婚姻維繫之道的可能性=A Rereading of 'Kojin': The Suggestion to Another Possibility of the Lifeway of the Married Couple and Woman曾秋桂淡江大學日本語文學系明治時代;家族制度;婚姻制度;女性解放主義;共生共榮;The house father system;Feminism;Married couple relationship;Both sexes conflict;Harmonized relationship of the married couple;家父長制度;フェミニズム;夫婦関係;両性相尅;夫婦の調和台北縣:台灣日本語文學會台灣日本語文學報 19,頁119-143201304015 已補正 by yuchi;tku_id: 000095686;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0jp1727-2262國內否TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/29235</url></record></links>
248 100/1 日文系 曾秋桂 教授 期刊論文 發佈 『半日』に見られる作者の言説ストラテジー--森鷗外の家庭内から明治社会への視座 , [100-1] :『半日』に見られる作者の言説ストラテジー--森鷗外の家庭内から明治社会への視座期刊論文『半日』に見られる作者の言説ストラテジー--森鷗外の家庭内から明治社会への視座《半日》小說中作者運用的策略--從森鷗外家庭內部延伸至社會潮流=A Discourse Strategy Operated by Author in "Hanjitsu": About a Viewpoint from His Family to Meiji Society of Mori Ogai曾秋桂淡江大學日本語文學系鷗外;《半日》;敘述者;新女性;策略;Mori Ogai;Hanjitsu;narrator;New women;strategy新北市:台灣日本語文學會台灣日本語文學報 30,頁3-26被視為鷗外文學重新出發的紀念之作《半日》相關研究論文,大多是以鷗外現實生活的角度來論述。《半日》結尾處寫著:「遍讀東西方的歷史、小說、劇本、都找不出像糟糠之妻這樣的女人。這或許這樣的女人是打破所有價值觀的新時代的特有產物吧!」的這樣一句對妻子的重判言詞。學識淵博的鷗外,為何非得批判家妻如此慘重不可呢?這跟關係著敘述者的個性、企圖等作者鷗外的言語策略,有脫離不了的重大關係。分析該問題,研究步轉如下。先釐清《半日》敘述的特色、敘述者的企圖。之後一併考量當時受到新女性出現契機的《人偶之家》的女主角娜蒞的影響。最後整體考量作者鷗外使用言語策略。考察結果顯示:表面上是鷗外自曝分身博士家的家庭內部情況,實際上是鷗外運用了言語策略,通過擁有獨立性格的敘述者來具體實踐出鷗外掌握到的明治時代末期時代的潮流。敘述者把以現代人的眼光來看擁有自主性的現代女性博士之妻,塑造成「惡女」形象的策略奏效。正顯示出明治時代末期,獨立現代風女性與日本社會中根深蒂固存在的家庭價值觀是相互違背的結果。而此獨立現代風女性充其量只不過是儒教倫理的近代的裝飾而已。並以冷靜透傲的目光,寄予日俄戰爭告捷沉澱之後的明治國家的揶揄。 In the research on past ”Hajitsu(半日)”, the majority of these research achievements has interpreted from the real life outside of Mori Ogai. However, a maximum lev
249 100/2 日文系 曾秋桂 教授 期刊論文 發佈 村上春樹『1Q84』における天吾と青豆の身体的渇求―プラトンのアンドロギュノスをべースに― , [100-2] :村上春樹『1Q84』における天吾と青豆の身体的渇求―プラトンのアンドロギュノスをべースに―期刊論文村上春樹『1Q84』における天吾と青豆の身体的渇求―プラトンのアンドロギュノスをべースに―以柏拉圖「雌雄同體」觀點,論述村上春樹《1Q84》男女主角天吾與青豆彼此間的體渴望;A body desire of Tengo and Aomame in Haruki Murakami's '1Q84': Based on androgynous of Plato曾秋桂淡江大學日本語文學系『1Q84』; 合体 ; プラトン ; アンドロギュノス ; 心身二元論の克服 ; 《1Q84》 ; 合體 ; 柏拉圖 ; 雌雄同體 ; 超越身心二元對立論 ; "1Q84" ; united ; Plato ; androgynous ; transcendentmind-and-body dualism新北市:台灣日本語文學會台灣日本語文學報=台湾日本語文学報 31,頁29-54本論文は、村上春樹の最新長編小説『1Q84』(BOOK1、BOOK2、BOOK3)を身体論から考察する試みである。身体論を臆用する根拠は、作品中に身体論に深く関わった記述が見られるからである。研究手順としては、まず、男主人公天吾、女主人公青豆の二人の特徴的身体表現から、それぞれ生い立ちから受けた)、ラウマを素描目した。次に、二人が持つ「嫌な日曜日の記憶」、「心暖まる教室風景の記憶」の共同記憶の二人にとっての意味合いを探った。最後に、少年少女から大人に成長した二人が、それぞれ性的遍歴をした後、20年ぶりの再会を果たし、手を取り合いながら一緒に「1Q84」世界から脱出して合体した物語の成就から、プラトンの「アンドロギュノス」に收斂するプロセスを考察した。『1Q84』は、現代の日本社会で広く理解されているような恋愛を感情的レベルのみの問題とするのではなく、「アンドロギュノス」の神話に見られるように、肉体的身体的レベルで引き裂かれた相手を希求する身体性による恋愛小説の試みである。それは、精神より根元的な人間の生命的次元とは何かという課題を志向する、心身二元論を克服して人間の原点である「アンドロギュノス」という原型(アノレキタイプ)に立ち返らせようとする物語だと言えよう。;本論文是以身體論的觀點來論
250 100/1 日文系 曾秋桂 教授 期刊論文 發佈 リクールの身体論による日本近代文学作品への一考察--花袋『蒲団』と鷗外の『ヰタ・セクスアリス』 , [100-1] :リクールの身体論による日本近代文学作品への一考察--花袋『蒲団』と鷗外の『ヰタ・セクスアリス』期刊論文リクールの身体論による日本近代文学作品への一考察--花袋『蒲団』と鷗外の『ヰタ・セクスアリス』曾秋桂淡江大學日本語文學系性愛;情動;情念;嗅覺;視覺;エロス;嗅覚;視覚;Eros;Emotions;Feelings;Sense of small;Vision台北縣:淡江大學日本語文學系淡江日本論叢=Tamkang Japanese Journal 24,頁1-22201304015 已補正 by yuchi;tku_id: 000095686;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0ja2705-356X國內TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/72434</url></record></links>
251 82/1 日文系 曾秋桂 教授 期刊論文 發佈 鷗外と漱石の漢詩--その概要 , [82-1] :鷗外と漱石の漢詩--その概要期刊論文鷗外と漱石の漢詩--その概要鷗外漢詩與漱石漢詩之比較曾秋桂淡江大學日本語文學系台北縣:淡江大學日本語文學系日本論叢 4,頁91-119201304013 已補正 by yuchi;tku_id: 000095686;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0ja國內TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/29222</url></record></links>
252 101/1 日文系 曾秋桂 教授 期刊論文 發佈 『1Q84』における記憶再生の装置-漱石の『三四郎』を原型として- , [101-1] :『1Q84』における記憶再生の装置-漱石の『三四郎』を原型として-期刊論文『1Q84』における記憶再生の装置-漱石の『三四郎』を原型として-探討漱石《三四郎》為原型之《1Q84》中記憶再生的裝置=A device of the memory reproduction in "1Q84": From a relationship between "Sanshiro" of Soseki as a Archetype曾秋桂淡江大學日本語文學系『1Q84』;「放課後の小学校の教室」;記憶再生;漱石;『三四郎』;"1Q84";"the classroom of the elementary school after school";memory reproduction;Soseki;"Sanshiro"新北市:台灣日本語文學會台灣日本語文學報 32,頁21-40村上春樹の最新長編小説『1Q84』(2009-2010)を恋愛小説として読む際、主人公天吾と青豆の二人が拘る「放課後の小学校の教室」の記憶は注目すべき場面である。それを人間の持っ記憶再生の装置として見ると、「放課後の小学校の教室」を「顕在記憶」として蘇らせた天吾に対して、青豆は、それを「潜在記憶」として保っている。「顕在記憶」により愛を認識する男(天吾)対「潜在記憶」により一筋の愛を信念に持ち続ける女(青豆)という構図が浮かぶ。そこから瀬石文学での男女関係である「恐れる男と恐れない女」といった構図が連想され、天吾が辿りついた「放課後の小学校の教室」の記憶の中心に置かれた「高い空」に「白い雲」と「月」が伴う情景は、漱石の『三四郎』(1908)で三四郎が美禰子と一緒に「白い雲」を見た場面を思わせる。インタビューで漱石の『三四郎』が好きだと表明している村上春樹は、漱石の一読者として『三四郎』の読書行為を通して内在化したものを自らの記憶と想起の物語に置換し、モチーフとして『1Q84』での記憶再生の装置である「放課後の小学校の教室」風景に結実させていると言える。これは、村上春樹ならではの創造的寓意の構図とも言えよう。 When we read ”1Q84” (2009-2010) of Haruki Murakami as a love story, the memory of ”the classroom of the
253 90/2 日文系 曾秋桂 教授 期刊論文 發佈 夏目漱石の『門』論--他者としての「小六」の意味 , [90-2] :夏目漱石の『門』論--他者としての「小六」の意味期刊論文夏目漱石の『門』論--他者としての「小六」の意味漱石小說作品《門》中,以他者姿態出現的「小六」定位曾秋桂淡江大學日本語文學系夫婦理想像;夫婦不和;正体不明;他者;技巧台北縣:淡江大學日本語文學系淡江日本論叢=Tamkang Japanese Journal 11,頁42-64201304013 已補正 by yuchi;tku_id: 000095686;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0ja2705-356X國內TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/29283</url></record></links>
254 94/1 日文系 曾秋桂 教授 期刊論文 發佈 テキストをこえたテクスト--日本近代文学に関する授業を例として , [94-1] :テキストをこえたテクスト--日本近代文学に関する授業を例として期刊論文テキストをこえたテクスト--日本近代文学に関する授業を例として曾秋桂淡江大學日本語文學系台北縣:淡江大學日本語文學系淡江日本論叢=Tamkang Japanese Journal 13,頁99-114201304015 已補正 by yuchi;tku_id: 000095686;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0ja2705-356X國內TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/72201</url></record></links>
255 89/2 日文系 曾秋桂 教授 期刊論文 發佈 古典日本語の学習內容について--教材の選択と編集を中心に , [89-2] :古典日本語の学習內容について--教材の選択と編集を中心に期刊論文古典日本語の学習內容について--教材の選択と編集を中心に日本古典文學教材的編纂曾秋桂淡江大學日本語文學系現代日本語学習;古典日本語学習;大学三年生;学習內容;効率的な学習方法台北縣:淡江大學日本語文學系淡江日本論叢=Tamkang Japanese Journal 10,頁178-205201304013 已補正 by yuchi;tku_id: 000095686;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0ja2705-356X國內TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/29268</url></record></links>
256 91/2 日文系 曾秋桂 教授 期刊論文 發佈 『道草』における島田の位置 , [91-2] :『道草』における島田の位置期刊論文『道草』における島田の位置漱石小說作品《道草》中島田所扮演的角色曾秋桂淡江大學日本語文學系『道草』;島田健三;交渉;近代的人間台北縣:淡江大學日本語文學系淡江日本論叢=Tamkang Japanese Journal 12,頁1-25周知の如く、『道草』は、軟石の唯一の自伝的作品である。そうした中で、三好行雄は、「『道草』は島田の出現とともにはじまり、島田とともに幕を閉じる」と述べ、島田が出現する意味を重視している。その他、先行研究の中での諸論者は、いずれも島田の存在の大きさに着目している。しかし、島田がどのように健三に接近したか、また健三がどのようにそれに対応しているかについて、今まで詳しく触れられていないのが、事実である。それは、正しく桶谷秀昭が「『道草』はよみかたによってはかなり難解な小説だが、難解の一つは健三のところ-昔の関係をむし返し無心に人をよこす島田に、彼が対処するときの行為の「根拠」にある」と述べた通りである。その難解さを解くために、島田がどのように健三に接近したか、また健三がそれにどのように対応しているかの実態を作品に即して探ることは『道草』を読むために、必要かつ有効な方法だと思われる。そこで、本論文は、まず『道草』における島田の足跡をたどり、整理することにした。島田の健三への交渉の経過をたどった結果、島田が計画的に健三に接近し、最終的にかなりまとまった金額を得るために漸進的に金銭的援助を要求していった経緯がはっきり浮かんできた。島田は、その点で、目的を達するために計画的合理的に行動している近代的人間であり、健三にとっては、そうした近代的世界を表徴する人物とも見られる。201304013 已補正 by yuchi;tku_id: 000095686;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0jp2705-356X國內否TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/29286</url></record></links>
257 91/1 日文系 曾秋桂 教授 期刊論文 發佈 夏目漱石の小說を「銀行(員)」の視点で読むーヒロインの結婚話と関連してー , [91-1] :夏目漱石の小說を「銀行(員)」の視点で読むーヒロインの結婚話と関連してー期刊論文夏目漱石の小說を「銀行(員)」の視点で読むーヒロインの結婚話と関連してー站在的觀點來解讀夏目漱石、特別著重與作品中的女主角結婚的關連性而談曾秋桂; Tseng, Chiu-kuei淡江大學日本語文學系妹妹的宿命;女性自主;銀行員;經濟基礎穩定;明治社會臺北市:臺灣大學日本語文學系台大日本語文研究 3,頁103-136201304015 已補正 by yuchi;tku_id: 000095686;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0ja1609-8978國內TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/29232</url></record></links>
258 89/1 日文系 曾秋桂 教授 期刊論文 發佈 『虞美人草』における宗近の人物像への探究―「金時計」の話と結婚に関する話題とを鍵として , [89-1] :『虞美人草』における宗近の人物像への探究―「金時計」の話と結婚に関する話題とを鍵として期刊論文『虞美人草』における宗近の人物像への探究―「金時計」の話と結婚に関する話題とを鍵として曾秋桂淡江大學日本語文學系勸善懲惡;宗近的人物造型;道義行為;人情糾葛;金錶;婚約台北市:台灣日語教育學會台灣日本語教育論文集 4,頁1-28已補正 by 惠縈;tku_id: 000095686;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0;2014-01-03 補正完成 by 郁欣jp1993-7423國內否TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/29243</url></record></links>
259 88/1 日文系 曾秋桂 教授 期刊論文 發佈 小說『明暗』と『明暗』期漢詩創作上の關わりについて-「褞袍」の語をめぐって- , [88-1] :小說『明暗』と『明暗』期漢詩創作上の關わりについて-「褞袍」の語をめぐって-期刊論文小說『明暗』と『明暗』期漢詩創作上の關わりについて-「褞袍」の語をめぐって-從「褞袍」一語來看小說『明暗』作品與漢詩創作之間的關係曾秋桂淡江大學日本語文學系台北市:台灣日語教育學會台灣日本語教育論文集 3,頁217-288已補正 by 惠縈;tku_id: 000095686;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0;2014-01-03 補正完成 by 郁欣ja1993-7423國內TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/29242</url></record></links>
260 98/1 日文系 曾秋桂 教授 期刊論文 發佈 漱石文学における「風」の形象―初期作品『吾輩は猫である』と『漾虚集』を中心に― , [98-1] :漱石文学における「風」の形象―初期作品『吾輩は猫である』と『漾虚集』を中心に―期刊論文漱石文学における「風」の形象―初期作品『吾輩は猫である』と『漾虚集』を中心に―曾秋桂淡江大學日本語文學系學習動機; 第二語言焦慮; 共分散構造分析; motivation; second language anxiety; covariance structure analysis台北市:台灣日語教育學會台灣日語教育學報 13,頁31-60已補正 by 惠縈;tku_id: 000095686;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0;2014-01-03 補正完成 by 郁欣ja1993-7423國內TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/58152</url></record></links>
261 90/1 日文系 曾秋桂 教授 期刊論文 發佈 『それから』の「指輪」と「時計」―男女関係の記号論 , [90-1] :『それから』の「指輪」と「時計」―男女関係の記号論期刊論文『それから』の「指輪」と「時計」―男女関係の記号論從男女關係的記號學角度來看,漱石作品中的「戒指」與「懷錶」含意曾秋桂淡江大學日本語文學系台北市:台灣日語教育學會台灣日本語教育論文集 5,頁1-24已補正 by 惠縈;tku_id: 000095686;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0;2014-01-03 補正完成 by 郁欣jp1993-7423國內否TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/29244</url></record></links>
262 96/1 日文系 曾秋桂 教授 期刊論文 發佈 『張文環全集』が出來て思うこと , [96-1] :『張文環全集』が出來て思うこと期刊論文『張文環全集』が出來て思うこと曾秋桂淡江大學日本語文學系台北縣:淡江大學日本語文學系淡江日本論叢=Tamkang Japanese Journal 16,頁135-150嬉しいことに、陳萬益氏のもとに、多くの優れた台湾文学の若手の研究者が集り、『張文環全集』(2002年、中文版全8冊)と『張文環日本語作品及び草稿全編』(2001年)が台中県立文化中心によって発行された。そのお蔭で、今まで断片しかかき集められない張文環文学の全貌を、全集を辿って読むことによって垣間見ることが出来たのである。1940年代から台湾の文壇で雑誌「台湾文学」を主宰し、御用作家西川満が主宰した「文芸台湾」と対抗した台湾人の日本語作家張文環が華やかに活躍したその背後には、日本語で文学を創作する苦心がありありと見られる。本稿では、台湾人として日本語で文学を創作する困難さと方法を探ることに張文環が苦心した一端を資料の紹介と共に明らかにしたい。201304013 已補正 by yuchi;tku_id: 000095686;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0jp2705-356X國內否TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/29290</url></record></links>
263 86/2 日文系 顧錦芬 副教授 期刊論文 發佈 新美南吉「権狐」論--葉聖陶「古代英雄的石像」との比較を通して , [86-2] :新美南吉「権狐」論--葉聖陶「古代英雄的石像」との比較を通して期刊論文新美南吉「権狐」論--葉聖陶「古代英雄的石像」との比較を通して顧錦芬淡江大學日本語文學系台北縣:淡江大學日本語文學系淡江日本論叢=Tamkang Japanese Journal 7,頁170-189201304013 已補正 by yuchi;tku_id: 000095052;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0ja2705-356X國內TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/29295</url></record></links>
264 84/1 日文系 顧錦芬 副教授 期刊論文 發佈 漱石と老莊思想--「老子の哲学」と晚年の漢詩を中心に , [84-1] :漱石と老莊思想--「老子の哲学」と晚年の漢詩を中心に期刊論文漱石と老莊思想--「老子の哲学」と晚年の漢詩を中心に漱石與老莊思想顧錦芬淡江大學日本語文學系台北縣:淡江大學日本語文學系日本論叢 6,頁83-98201304013 已補正 by yuchi;tku_id: 000095052;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0ja國內TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/29228</url></record></links>
265 98/2 日文系 顧錦芬 副教授 期刊論文 發佈 宮沢賢治の書簡に見る死生観と生死観 , [98-2] :宮沢賢治の書簡に見る死生観と生死観期刊論文宮沢賢治の書簡に見る死生観と生死観顧錦芬淡江大學日本語文學系宮沢賢治;死生観;生死観;法華経;宮澤賢治;死生觀;生死觀;法華經;Miyazawa Kenji;Death-and-life issue;Life-and-death issue;Hokekyo台北縣:淡江大學日本語文學系淡江日本論叢=Tamkang Japanese Journal 21,頁31-53201304013 已補正 by yuchi;tku_id: 000095052;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0ja2705-356X國內TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/58158</url></record></links>
266 84/1 日文系 劉長輝 副教授 期刊論文 發佈 日本近世における儒学と兵学の統一--山鹿素行の学說を中心として , [84-1] :日本近世における儒学と兵学の統一--山鹿素行の学說を中心として期刊論文日本近世における儒学と兵学の統一--山鹿素行の学說を中心として日本近代儒學與兵學的統一劉長輝淡江大學日本語文學系台北縣:淡江大學日本語文學系日本論叢 6,頁59-82201304013 已補正 by yuchi;tku_id: 000094897;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0ja國內TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/29224</url></record></links>
267 91/2 日文系 李文茹 副教授 期刊論文 發佈 植民地を語る苦痛と快楽――台湾と日本のはざまにおける真杉静枝のアイデンティティ形成 , [91-2] :植民地を語る苦痛と快楽――台湾と日本のはざまにおける真杉静枝のアイデンティティ形成期刊論文植民地を語る苦痛と快楽――台湾と日本のはざまにおける真杉静枝のアイデンティティ形成李文茹淡江大學日本語文學系東京:日本台湾学会日本台湾学会報 5,頁42-64已補正 by 惠縈;tku_id: 000138390;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0ja1344-9834國外JPN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/71961</url></record></links>
268 93/2 日文系 李文茹 副教授 期刊論文 發佈 「蕃人」表象・ジェンダー・セクシュアリティ――真杉静枝と中村地平による植民地台湾作品からの一考察―― , [93-2] :「蕃人」表象・ジェンダー・セクシュアリティ――真杉静枝と中村地平による植民地台湾作品からの一考察――期刊論文「蕃人」表象・ジェンダー・セクシュアリティ――真杉静枝と中村地平による植民地台湾作品からの一考察――李文茹淡江大學日本語文學系東京:日本台湾学会日本台湾学会報 7,頁129-148已補正 by 惠縈;tku_id: 000138390;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0jp1344-9834國外否JPN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/71951</url></record></links>
269 96/1 日文系 王美玲 副教授 期刊論文 發佈 日本における不登校とフリースクールの現状と課題―フリースクールでの質的調査を通して― , [96-1] :日本における不登校とフリースクールの現状と課題―フリースクールでの質的調査を通して―期刊論文日本における不登校とフリースクールの現状と課題―フリースクールでの質的調査を通して―王美玲淡江大學日本語文學系臺北縣:淡江大學日本語文學系淡江日本論叢=Tamkang Japanese Journal 15,頁33-47201304013 已補正 by yuchi;tku_id: 000133430;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0;2014-04-09 補正完成 by 何雯婷ja2705-356X國內TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/71942</url></record></links>
270 100/1 日文系 施信余 副教授 期刊論文 發佈 接触場面におけるコミュニケーション調整行動について--日本語母語話者と日本語学習者による話し合いの談話資料より , [100-1] :接触場面におけるコミュニケーション調整行動について--日本語母語話者と日本語学習者による話し合いの談話資料より期刊論文接触場面におけるコミュニケーション調整行動について--日本語母語話者と日本語学習者による話し合いの談話資料より施信余淡江大學日本語文學系母語話者與學習者的交談場合;調整行為;互動;聯合作業;溝通策略;接触場面;調整行動;インターアクション;共同作業;コミュニケーション・ストラテジー;Conversation between NS and NNS;Interaction;Adjustment behavior;Cooperation;Communication strategy台北縣:淡江大學日本語文學系淡江日本論叢=Tamkang Japanese Journal 24,頁73-91201304015 已補正 by yuchi;tku_id: 000133200;Made available in DSpace on 2013-04-17 (GMT). No. of bitstreams: 0ja2705-356X國內TWN<links><record><name>機構典藏連結</name><url>http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/71987</url></record></links>
[第一頁][上頁]123456789...[次頁][最末頁]目前在第 9 頁 / 共有 449 筆查詢結果