教師資料查詢 | 類別: 期刊論文 | 教師: 武久康高 TAKEHISA YASUTAKA (瀏覽個人網頁)

標題:『枕草子』の言語主体-〈へのミウチ意識をめぐって
學年89
學期2
出版(發表)日期2001/02/01
作品名稱『枕草子』の言語主体-〈へのミウチ意識をめぐって
作品名稱(其他語言)A Narrating Subject in Makura-no-soshi--The Emperor System as a Family
著者武久康高=Takehisa, Yasutaka
單位淡江大學日本語文學系
出版者東京都日本文学協會
著錄名稱、卷期、頁數日本文学=Japanese literature 50(2)頁11-21
摘要本論文では、「大納言参り給ひて」(二九七段)「一条の院をば」(二三〇段)両章段における一条帝が<公><私>両面をもって描出されていることを確認し、それがこの期の<帝-摂関家>関係を媒介した「ミウチ」意識にかかわることを指摘した。さらに、そうした帝像が『枕草子』テクストに描出される際に生成している言語主体の位相、およびそこで生み出される自己像(「わたし」)のありようについて検討した。

In this essay, I will read the two parts of Makura-no-soshi-"Dainagon-mairitamaite" (297) and "Ichijo-no-oba" (230)-and point out both the public and private aspects of Emperor Ichijo depicted there. As is seen in his private side, the text represents the emperor in the image of Father who treated his subjects as if they had been the members of his family. To focus on this image of the emperor will lead to the question of a narrating subject and its narrative function in Makura-no-soshi.
關鍵字
語言日文
ISSN0386-9903
期刊性質國外
收錄於
產學合作
通訊作者
審稿制度
國別日本
公開徵稿
出版型式,電子版,紙本
相關連結
Google+ 推薦功能,讓全世界都能看到您的推薦!